カテゴリ:
HIGHLAND PARK
THE DARK
17 years old
First Release 2017
1 of 28000 bottles
700ml 52.9%

グラス:サントリーテイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:BAR飲み@GOSSE
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:黒砂糖やかりんとうを思わせる甘いシェリー香、ほのかにハッカ、干し草、アーモンド。時間経過で蜜っぽく豊かな香り立ち。

味:コクと甘みのある口当たり。ダークフルーツケーキやかりんとう、干し草、乾いたウッディネス、微かな硫黄もあるが嫌味ではなく、あまり気にならない。
余韻はドライ、じわじわとピーティーで土っぽさを伴う。

ダークというほどの色合いではないが、シェリー感が程よく感じられると共に、ボディにコクがあり、干し草のを思わせるヘザー感、ピートフレーバーに蒸留所のらしさもあるバランスの良いモルト。 



 ハイランドパーク ザ・ダーク17年は、オークニー諸島の四季を表現したリリースの第一弾。現地でのリリースは昨年末ですが、先週3月12日から日本でもリリースされたところ。
近年のハイランドパークブランドは、ヴァルハラ、ヴァイキング、ヴァルキリーと、北欧神話とリンクするPR戦略をとってきましたが、今回はこれまでとは異なる、島の"風土"へとステージを移してきたようです。

気温が低く日照時間の短い、オークニー諸島の秋から冬にかけてを、ボトルの色合いとシェリー樽による原酒構成で表現。
ただ、ボトルに描かれた模様は北欧神話のドラゴンをモチーフとしており、ハイランドパーク=ヴァイキング文化は引き続き継続中。ドラゴンの中、上下二つの輪は夏至と冬至の太陽をイメージしているそうですが、ここまでくると「なるほど、わからん」という世界。カッコいいんですが、カメラ泣かせなボトルでもあります(笑)。

(ハイランドパークではウイスキー製造に用いられる麦芽のうち、全体の約2割、ピーテッドモルトを蒸留所内でモルティングしている。キルニングには地元産のピートも使われており、シーズン中のパゴダ屋根からはピートを炊く煙も見られる。Photo by K67)

先に一部書いたように、ザ・ダークはシーズニングのファーストフィル・シェリーホグスヘッド(ヨーロピアンオーク)で、17年以上の熟成を経た原酒で構成されています。
おそらく250リットルサイズの小さいサイズのシェリー樽、しかもカスクストレングスというスペックにしては、酒質由来の香味も残してバランス寄りな仕上がりが特徴的。
それこそもっと色濃く、ウッディに仕上がっていてもおかしくないワケです。

その樽構成、実はリフィルも含めたバッティングかとも思ったのですが、海外サイトにも該当する記述はなく。シーズニングの期間が短く、シェリー感が弱い樽に加え、年間平均気温8度というオークニーの環境がなせる技か。少なくとも、日本のそれとは異なる仕上がりです。
価格はいつも通り強気ですが、こういう熟成感のボトルは中々沁みます。