カテゴリ:
ARMOR 100
PURE MALT WHISKY
Years 8 old
1980's
720ml 43%

グラス:不明
場所:個人宅持ち寄り会
時期:不明
暫定評価:★★★★★(4-5)

香り:やや刺々しく酸味のある麦芽香、色の濃い蜂蜜の甘いアロマ、干し草、微かにフローラル。合わせてピーティーで土っぽいニュアンスも。

味:古酒系の麦感とオイリーな口当たり。酸味を伴う出汁っぽさ、淡いオーク系のウッディネス、パフューミーなフレーバー。
余韻はドライでピーティー。パフューム香。ほろ苦く乾燥した麦芽の軽やかな香ばしさが染み込むように続く。

複数地方の原酒を混ぜ合わせたような、複雑なモルティさのあるウイスキー。本来はもっとチグハグだったかも知れないが、経年変化で落ち着きのある味わいに。なお加水するとパフュームが際立つ。。。


アーマーは、八王子にある酒販業者の京晴が、1980年代に扱っていたウイスキーブランド。
現在も当時の売れ残りであるアーマー12年と21年が同社にてひっそりと販売されていますが、どちらもハイランドモルトベースに12年はピーティー、21年はフルーティーな熟成香と、使われた原酒の時代の良さを感じる味わい深いウイスキーです。

そのアーマーブランドに関連すると思われるブランドが、今回のテイスティングアイテムであるアーマー100 ピュアモルト8年です。
先に紹介したアーマー名義の12年と21年、そして知る人ぞ知るシングルモルトの18年と20年のアーマーブランドは、ピーター・J・ラッセル社という、ブレンデッドメーカー、ボトラーズブランドを複数傘下に置く大手ウイスキーメーカーの作ですが、この8年はどうも素性が異なるようです。

ラベルに書かれているのは京晴と、そして販売元となる富士発酵工業の社名。
フレーバーの良し悪しはともかく、中身はハイランドモルトとアイラモルトを足したようなスコッチタイプのピュアモルトであることから、京晴さんが輸入した原酒で富士発酵がブレンドしたか、あるいは仲介してもらっただけで中身は先述のラッセル社の作か。(限定品としてアーマー100 12年もあるようなので、後者でしょうか。)
いずれにせよ1980年代以前のジャパニーズに見られる独特なアルコール感はないので、当時のスコッチモルトらしいコクとパワーを感じる味わいではあります。

他方、短熟故の荒さ、チグハグさでスムーズでマイルドという味わいではないこと。そして極め付けは、時代的にはボウモアかアベラワー、グレンタレットあたりかと思われるパフューミーさが感じられ、好みを分ける構成であることは、注意が必要です。