カテゴリ:
GLENBURGIE
Ballantine's Single Malt
Series No 001
Aged 15 years
700ml 40%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★(5-6)

香り:青みがかった草っぽさとオーク香、乾いた木材、洋梨。ドライであまり厚みはないが、奥にはほのかに麦芽香もある。

味:薄めた蜂蜜を思わせる軽い甘みの口当たり。ナッツ、麦芽風味、ジワジワとドライなウッディネスが支配的になり、軽いえぐみ、青みがかったニュアンスも。
余韻はオーキーで華やか、ドライでピリピリと軽い刺激、長く続く。

ボディは軽めで品のいい味わい。華やかさよりオーク系のウッディネスが強いものの、加水すると華やかさ、麦芽香が引き立つ。味はケミカルで水っぽさも伴う。


バランタインのキーモルトとして知られるグレンバーギー。
基本的にブレンド向けの原酒ですが、比較的ボトラーズリリースの多い蒸留所であるとともに、少量ですがオフィシャル扱いともなるシングルカスクが不定期にリリースされているところ。
そのグレンバーギーから、限定品とはいえ久々にまとまった量のオフィシャルリリースが行われたのが、今回のバランタインシリーズの1本です。


近年のグレンバーギーの特徴は、なんといってもその素性の良い華やかなフルーティーさと、ナッティーな軽い香ばしさにあり、アメリカンホワイトオークのバレル、ホグスヘッドタイプの樽との相性が非常に良い酒質といえます。
今回のリリースで使われた原酒には、このアメリカンホワイトオーク樽が使われており、40%加水とバッティングで飲みやすさ重視の構成にはなっていますが、蒸留所の特徴がバランスよく感じられる仕上がりとなっています。


このバランタインシングルモルトシリーズは、バランタインの特徴をさらにPRするブランド戦略の一環。これまではバランタイン○○エディションという、キーモルトを強調したブレンドのリリースが行われていましたが、それをさらに踏み込んだものとなります。

実際、今回のリリースをテイスティングした上でバランタインを改めて飲んでみると、共通する香味からブレンドにおけるキーモルトとしての役割にピントが合いやすくなると感じています。
ピートフレーバーがほぼないため、そのほかの香味がわかりやすいのも良いですね。
そういう意味で、このリリースはただ飲む以上に、ウイスキーへの理解を深めてくれる1本であり、飲み比べなどでのテイスティング入門にも向いているなと感じています。

なお、これは蛇足ですが、グレンバーギー蒸留所は2003年から大規模な改修工事を行なっており、ポットスチル含め設備を一新したという記録が残っています。
工事が終わったとされるのは2004年。さらにその後2006年にはポットスチルの増設も行なっているわけですが、つまり今回リリースされたグレンバーギーの原酒は改修工事前のもの。
この工事がどのような影響を与えたかはわかりませんが、改修工事後の原酒は総じてクリアでキレイな仕上がりになることが多く、今後の原酒のリリースも楽しみにしています。