カテゴリ:
LINKWOOD
Gordon & Macphail
Connoisseur's Choice
Aged 37 years
Distilled 1939
Bottled 1976-1977
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@BLACK HEART
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:柔らかく芳しい麦芽香と存在感のあるスモーキーさ。グレープフルーツなどの柑橘のジャム、蜂蜜、ほのかにレーズン、土の香り、奥行きのあるアロマ。

味:まろやかな麦芽風味に柔らかいピートスモークがしっかりと広がる。香り同様の果実味はオレンジやグレープフルーツ、ほのかにカラメルソース、オールドシェリーのコク。一体感のある味わい。
余韻はほろ苦くスモーキー、嫌味のない麦感とフルーツが染み込むように長く続く。

香味に共通する奥行きのある麦感と存在感のあるピート。経年の影響があってなお輝く、加水ではあるが元の原酒のスケールの大きさを感じさせるウイスキー。素晴らしい!


世界大戦の期間を挟んで熟成されているというだけで、そのビンテージに理解が追いつかない、今となっては反則的なスペックのリンクウッド。
注文した際の「だいぶ抜けてるかもしれないよ」というマスターの言葉とは裏腹に、それを差し引いてなお味わい深く、しっかりとした個性が感じられる素晴らしいボトルでした。

その香味は、抜けているというか、穏やかになったという感じ。開封後時間が経過している加水仕様のボトルなら、もっとくすんだような味になるのですが、このボトルは麦感、果実味、ピート香に存在感があり、口開けだったら一体どれ程の厚みと強さがあったのだろうかと、その強さとスケールにただただ驚かされます。
麦の品種、フロアモルティング、蒸留プロセス、何が由来しているのか興味が尽きません。

リンクウッドと言えば、近年は新旧2つの設備からノンピートタイプとピーテッドタイプの2タイプ(2つのニューポットは時に混ぜられるそうで、実際はさらに多様なタイプがある)の原酒が生産されていますが、1971年の蒸留設備新設以前はピーティーな原酒を中心に生産が行われていたようです。
ただリンクウッドにおける自分の経験値は1950年代の蒸留まで、流石に1930年代の原酒は未体験ゾーン。このボトルだけで全てを語ることはできないと思いますが、それらオールドリンクウッドのピーティーな原酒と同じベクトルにあるという印象を持ちました。


なお、この日はストラスアイラ、タリスカー、リンクウッド、3種類のGMコニッサーズチョイスをテイスティング。タリスカーが少し抜け気味でしたが、それでもどれも加水とは思えないコシのある味わい、個性の強さが共通する要素にあり、まさに至福のひとときでした。

余談ですが、このコニッサーズチョイスの裏ラベルを見ると、伝説のウイスキーコレクターとして知られるエドワード・ジャッコーネ氏の名義が。彼は自身の卓越した目利きで多くの原酒を選び、ボトリングも行なっていたわけですが、このコニッサーズチョイスにも関わっていたんですね。
当時と今では状況が違うとは言え、これは確かに誰もが美味いと納得するボトルだと思います。