カテゴリ:
BOWMORE
Islay Single Malt Scotch Whisky
Aged 18 years
2017-2018's
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:スモーキーで乾物魚介や磯っぽさを伴う香り立ち。塩素、熟したグレープフルーツ、ほのかにシェリー系の古酒っぽさとウッディなニュアンス。時間経過でヨード香も感じる。

味:オイリーな口当たり。濃いめの味わいで、土気と焦げ感を伴うピート、スモーキーフレーバーが鼻腔に抜ける。中間から後半にかけてオレンジやグレープフルーツのジャムを思わせる柑橘感。余韻はドライで塩気と焦げたようなピートの後からトロピカルなフルーティーさ、華やかでスモーキーなフィニッシュが長く続く。
       
オフィシャルらしい複雑さと飲み疲れないバランスの良さを備えながら、蒸留所の特徴が良く出ているボトル。
温度が低いとややドライでフルーティさが開ききらないちぐはぐな味。また、樽系の味や塩気が強めに蓄積してくるので、水やクラッカーなどを挟みながら飲むと良い部分を引き出せる。
加水すると余韻のフルーティさがぼやけるが、マイルドな飲み口が得られる。


ついにパフューム時代との決別を果たした、ボウモアのニューラベル18年。その筋のフレーバーが好みな方には残念なお知らせと言えますが、自分を含めボウモア蒸留所に1960年代のトロピカルなフレーバーを求める世代にとっては、感慨深い瞬間が訪れたと言えます。

ボウモア蒸留所にラベンダーあるいはレモン石鹸的なパフュームフレーバーが現れたのは、1970年代前半蒸留あたりから。そしてそれが消え始めたのが1989年から1990年ごろ。つまりオフィシャル18年は2010年前後から、いつ脱パフュームしてもおかしくなかったのですが、旧ラベルの18年は頑なに1980年代の原酒を使い続けていたようでした。
そんな中、昨年ボウモアのオフィシャルラインナップ全面リニューアルが発表されたわけですが、やはり気になったのは18年の出来。なぜここまで18年に注目しているかというと、それは使われる原酒の蒸留時期と熟成期間にあります。

ボウモアの1990年代蒸留を振り返ると、
1990~1994:フルーティーさが強く、ボディの厚みもバランスが良かった時代。1993年は当たり年評価。一部イレギュラーあるが、この時期名品多数。
1995~1996:フルーティーさはほどほど、ボディの厚みやピート、良い意味での雑味が旨みに繋がっている。
1997:悪くは無いが、ボトラーズリリースでベクトルから外れたボトルが散見。
1998~1999:ボディは少し軽くなったが、その分フルーティーさが際立っているリリースが多く見られる。個人的には第二の当たり期間。

という感じで、原酒の傾向に多少の変化はありましたが、一部のリリースは1960年代の復活とまで評された、総じてレベルの高い時期です。
そして2018年の今、18年の構成原酒はまさにこの蒸留期間の真っ只中であり、使われている原酒が世代代わりすれば、時期的にも熟成感的にも素晴らしいリリースが期待できると、ここ数年の変化に注目していたわけです。

他方、自分の期待とは裏腹に、リニューアル後のボトルは在庫がはけやすいところから変わっていったようで、まずは12年が置き替わり、これは2000年代のボウモアらしい紙っぽさが強く。次は18年かと思ったら、スタンダード品ではなく、免税向けシリーズであるディープ&コンプレックス18年の方が先に国内に入り始め・・・この免税向けボトルは未だ淡いパフュームフレーバーを備えており、旧18年の延長線上のような構成。
なかなかモノが入ってこない日本にあって、焦らされてる感が募ります(笑)。

(免税向けのディープ&コンプレックス18年。ラベルが似ているが、色使いと記載内容、そして味わいも異なるので注意。)

明けて2018年、待望?のボウモア18年のニューラベルがようやく日本に入荷。
バーボン樽とシェリー樽、複数タイプの樽使いと原酒が織り成す、複雑でありながら重みとバランスのとれたオフィシャルらしい香味。18年表記ですが、使われた原酒の幅からか、熟成感は体感プラス5年増しくらいにも感じます。

キャラクターは1990年代を総括するような内容であり、ボウモアらしいニュアンスを伴ってピーティーでフルーティー。ほんの少し前時代的なニュアンスもありますが、過度な主張は無く。
近年の飲み手にとっては「普通に美味しいボウモア」という評価が得られるでしょうし、フレーバー構成からは1969年から1972年あたりのボウモアを思わせる要素もいくつか見られ、往年のボウモアファンにとっては普段飲みできる「60年代ボウモアレプリカ」とも言える出来。

何より通常販売価格が1万円でお釣りが来るのですから、高騰気味の同時期蒸留ボトラーズボウモアからすればコストパフォーマンスは文句のつけようがありません。 (評価は6-7にするか悩みましたが、今後ポジティブな変化も期待出来そうなので、7点固定としました。)
カスクストレングスと異なり、バッティング加水は突き抜けるようなフレーバーはありませんが、このバランスは評価したい。
家飲み、BAR飲みで広く使えるミドルエイジ。ボウモアのもう一つの新しい時代到来を告げる、歓迎すべきニューリリースです。