カテゴリ:
WILD TURKEY
RARE BREED
Barrel Proof
2017's
700ml 58.4%

グラス:グレンケアンテイスティング
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★(5-6)

香り:メープルシロップとナッツを思わせる甘いアロマ、焦がした穀物、ジンジンと鼻腔を刺激するチャーオーク香。奥からほのかにハーブや青みがかった植物、生木っぽい香りも感じられる。

味:パワフルなアタック、口内をビリビリと刺激するスパイシーさ。キャラメリゼ、少し焦げたワッフル、口の中でジワジワとコクが出てくるよう。
余韻はハイトーンな刺激と少しべたつきがある。キャラメルの甘み、ウッディなえぐみがタンニンとともに残る。

パンチはかなり強いものの、熟成感、樽由来の甘みとも最低限必要な範囲で備わっている。少量加水するとマイルドな飲み口やメープルシロップのような甘みを引き出せる一方、ロックも悪くないが、氷に負けるのが早い気がする。


ワイルドターキーの樽出し原酒を、加水せずバッティングして仕上げるレアブリード。
昨年ひっそりとパッケージリニューアルが行われ、ビッカビカの金色の外箱が白地のデザインに、1990年代のレアブリード及び1855リザーブ発売から続いていたボトルシェイプも、少し角ばったようなデザインに変更されています。
(1月1日から輸入元が明治屋にも変わってますね。)

では中身はというと、値段なりではありますが、上位グレートとなるラッセルズリザーブ10年に通じるコクと甘みがあり、樽感に嫌な要素が少ない、意外と楽しめる刺激強めなオーソドックスバーボンという感じ。
刺激の強さはワイルドという単語がしっくりくる構成で、ここは旧ボトルより強くなっているような。。。また、ドライだった樽感も少し濃くなった印象です。

まあ初期ボトルと比べると、樽感はともかくコクが足りないので、下手に樽感を強くするのではなく、酒質を厚くして欲しいというのはレアブリードに限らずターキー全般に思うところでもあります。
3月には新商品の「ケンタッキースピリッツ」が発売されるようですが、これはどう仕上がってくるでしょうか。


今回なぜレアブリードの現行品を買っているかというと、それは先日から始めた自宅樽でのバーボン追熟、その度数調整に使うため。経験上ですが、50%を超えていないと樽に負けやすいので。

そんな中、ふと気づいたのがコルクキャップの変化。
以前は写真右側のように差込口の角を削って丸くしてあったのですが、その工程が省かれてダイレクトな切り口になっています。
これ、差し込みづらいだけじゃなく、折れたり欠けたりしやすいんですよね。自分で削れって話かもしれませんが、中身の構成は好みや作り手の解釈と割り切っても、こういうところはユーザー視点に立って欲しいなーと思います。