カテゴリ:

MONDE
BUCKINGHAM WHISKY
(Pure Malt?)
1970-1980's
760ml 43%

【ブラインドテイスティング】
地域:ジャパニーズ
仕様:ブレンデッド
熟成年数:NA表記または10年程度
樽:不明
度数:43%
(参考評価:★★★★(4))

香り:スーッとするアルコール感、芋や穀類っぽいニュアンス。甲類的。あまり香りが立つような感じはない。

味:ベタつきを感じる。ピリピリとした刺激、バニラウエハース、オレンジグミのような人工的な香味。
余韻は口当たり同様の刺激、ほろ苦くあっさりとしている。

オールドっぽさがあり、ジャパニーズウイスキー黎明期の味を思わせる構成。モルトの風味はそこそこあるが、余韻にかけて残らない。
1970年代〜80年代ごろの流通で、サントリーあたりのブレンデッドだろうか。
(ここまでFBタイムラインにて公開回答)


ウイスキー仲間のYさんから頂いていた、ブラインドサンプルの一つ。
昨年後半に内蔵を病んでウイスキーはおろかお酒から1ヶ月以上離れた結果、テイスティングの感覚がいつもと違う感じになっていたのですが、その荒療治で集中的トライした際の1本。
それらはこれから順次公開していくとして。。。

バッキンガムウイスキーは、近年までウイスキー販売を行っていたモンデ酒造が、かつて製造販売していたウイスキー。
聞いた話ですが、バッキンガムブランドは1955年から1987年まで販売していたそうで、元々は「モロゾフ酒造」名義だったものが、1972年ごろからモンデ酒造名義に切り替わったとのこと。
つまり今回のボトルは1970年代から1980年代のボトルということになります。

輸入原酒を50%ブレンドして作っていたそうで、ラベルの表記はPure Malt。Distilled表記もないことから、おそらく輸入原酒以外の残りは水とブレンド用アルコールだったのではないかと思われます。
実際、それを裏付けるようにその香味は香りがたたないだけでなく、原酒を薄めたような、一瞬それらしい風味を感じるのに 余韻にかけてそれが続かない。
なんというか時代を感じる味わいです。

この時代のジャパニーズウイスキーの大多数は、香味が薄いというか、独特な風味がありますね。
ただこれは現在の経年後の味わいであるわけですが、当時からそういう味だったかというと、長く飲み続けている方々から聞いたことはなく。
どうだったかは気少々になるところです。