カテゴリ:
AUCHENTOSHAN
Aged 31 years
Distilled 1966
Bottled 1999
Cask type Hogshead #511
700ml 43.5%

グラス:木村硝子
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:ややゴムっぽさの混じるウッディさ、熟したバナナの甘いアロマ、薄めたカラメルを思わせる古酒感、ヒネ。微かにパフュームっぽい要素も感じる。

味:唇をヒリヒリとした刺激。香り同様薄めたカラメルを思わせる古酒系の樽感、サトウキビ、ドライな麦芽風味。奥行きがあまりなくクリアなボディ感。
余韻はほのかな青さを伴う麦芽、あっさりとしている。

樽感が比較的強く味はしっかりとしているが、中間から軽いというかクリアというか、三回蒸留らしい個性的なボディ感がある。加水は樽感と酒質の分離が進みシャバシャバになってしまうのでNG。静かに個性的なモルト。


近年殆ど作り手のなくなってしまった、ローランド伝統の三回蒸留。オフィシャルボトルでカスクストレングス、単一年度というだけでも珍しいリリースですが、1960年代蒸留で30年を超える長期熟成モルトとあっては、ボトラーズリリースでも中々出会えない貴重な1本です。

今回のボトルはオーヘントッシャンが1994年にサントリー傘下となった後、複数種類リリースしたボトルであるため、日本国内でも正規品として購入することができました。
自分も1965年蒸留の同ボトルを購入し、家飲みしていましたが、その香味はやはり個性的。ピートのように存在を強く主張するものではなく、はっきりと目立たないがそれとわかる、ボディのクリアさと舌への鋭角な刺激があります。

(オーヘントッシャン蒸留所でオブジェとなっている、かつて使われていた蒸留器。今回のモルトの蒸留にも使われたのだろうか。Photo by K67)

3回蒸留は、主にブレンド向けの原酒づくりに用いられてきた過去があります。
当時の原酒は麦やピートの香味が強かったので、2回蒸留ではそれらが残りすぎる。飲みやすく柔らかいブレンドを作るため、3回蒸留して個性を薄め、原酒のバランスをとろうとしたのではないでしょうか。
その結果、確かに香味は薄くなったのですが、単体で飲むと違う要素も抱えることとなった。。。その一つが、このオーヘントッシャンで感じられる特徴だと思います。

短熟の原酒では樽感の少なさや若さ、あるいは加水されていたりで目立たないのですが、長期熟成になってもそのキャラクターは消えず。むしろ樽感との対比でそれがわかりやすい。
好き嫌いが割とはっきり分かれるボトルだと思いますが、美味しさというより経験値を得ることができるボトルですね。