カテゴリ:
IMG_5857
SEIGNEURIE DARCELOT
GEVREY CHAMBERTIN
VIEILLES VIGNES
2012
De Aureo Spirito Collection
750ml 13%

フレッシュで少々硬さがあり、ドライクランベリーなどのダークフルーツ、赤と黒色を思わせるベリー系の果実、スパイシーな香り立ち。徐々に蜜っぽい甘さ。
口当たりは重みのある濃さ、ブルーベリー、あるいは黒スグリ、葡萄の皮。余韻は程よいタンニンとピリッとしたスパイスのアクセント。
時間経過で少し鉄っぽいニュアンスも感じられる。

やや硬さが残っているが、時間を置くと果実味が開いてくる。VVゆえか適度な深みと濃縮感もあり、まだ熟成させる事が出来たと感じるボトル。


昨年レビューしたコートドボーヌ・ヴィラージュ2014、伊勢丹ギフトセットの片割れ。
年数について明確な基準はないものの、数十年以上の古木から採れる葡萄で作られているVV(ヴィエイユ・ヴィーニュ)表記のシャンベルタン。
自分の経験の浅さから、通常のそれとの違いはわかりませんが、古木の方が根が深い一方、収穫量が落ちるので、濃い味わいの葡萄が取れるようです。例えるならスープの出汁をとる老鶏みたいなものでしょうか。

セットだった2本のうち、格的にはこのシャンベルタンの方が上と思われる構成。
ワインに明るい知人曰く「(シャンベルタンのほうは)そこそこだね」とのこと。まあこれが1本2000円台の価格帯で手に入るなら文句はないのですが、2本で10800円は、幾らブルゴーニュを代表する2地区のそれとは言え強気すぎじゃないの伊勢丹さん?という、ギフト故の見えない何かが付与されているワインでもあります。


濃くありながらくすみのない色合い。硬さはありますが、香味とも比較的整っていて、単体でもなんだかんだと飲めてしまう。
合わせるなら、生ハムなどの肉類より、ブリーやカマンベールといったチーズとの相性が良いように感じました。

さて、ブルゴーニュで最も有名と言われるシャンベルタンのワイン。ぐぐって頂ければそれを紹介するサイトはいっぱいでてきますので、その特徴については専門のサイトを参照して頂くとして。。。その感想は、一言で沼ですね。
様々なこだわりのある作り手と、異なる土壌の特性が、フレッシュなベリー感のあるものからどっしりと男性的な長熟向きのワインまで、素晴らしいワインを多く生み出してきた歴史があり。ウイスキー好きでベリー系の風味が琴線にある方は、まさにこの地方で良いものを飲むと沼にハマって しまうだろうなと感じます。

ただ、既に高い評価とブランド価値のある地域でもあり、良いものは手を出せないほど高騰している状況。「無名のものでもそれなりな作り手もいますよ」なんて話も聞きましたが、踏み込むには相応の覚悟と軍資金が必要で、さながらそれは、この地方のワインを愛したナポレオン のごとく。。。

勿論自分にはそんな覚悟はないので、今年はイタリアやカリフォルニアあたりのワインを適度に楽しんで、ウイスキー好きの寄り道的な選択肢に紹介できればと思っています。