カテゴリ:
GLENFARCLAS
105 Proof
8 years old
1980-1990's
700ml 60%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:持ち寄り会
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:黒蜜を思わせるコクのある甘い香り立ち、古酒感、淡いサルファリーさ。スワリングするとアルコールのアタック、レーズンチョコレートのような甘みにコーティングされた酸味も感じられる。

味:かりんとうや黒砂糖を思わせる甘み、香ばしさを感じる。ヒネ系の古酒感、オレンジピールチョコ、ウッディでハイトーンなフレーバーの広がり。
余韻はドライでサルファリー、ヒリヒリとした度数由来の刺激とカラメルソースの甘みが残る。

シェリー感に対して度数が強く、それが樽感からくる奥行きを相殺しているような飲み心地だが、古酒らしく角の取れたアルコール感が、これはこれとしてバランスが取れているとも言える。加水はシェリー樽由来の甘みが引き立つ一方、サルファリーさも前に出てくるため一長一短な変化がある。


日本市場では珍しい、スクリューキャップ仕様のグレンファークラス105、8年表記時代のボトルです。
裏ラベルにはイギリスのバーコードがプリントされていることと、キャップにはイタリアTAXが貼られているため、流通時期は両仕様が共通する1980年代後半から1990年代初頭と考えられます。

この時代の105は日本にも輸入されていて、オフィシャルでありながら60%というハイプルーフが当時の愛好家からも注目されていたようです。シェリー系の対抗馬となるマッカランも10年カスクストレングス(こちらは55〜58%)がありましたし、この飲み比べが普通に提案されていた時代が羨ましい。。。
同時期に日本で流通していた105は、真っ黒なシール材が被せられたコルクキャップ仕様。その後1990年代に金色のシール材へと変化、歴史を感じさせる8年表記もなくなり、最終的にはトールボトルから現在のデザインのボトルへと変わっていきます。

この遍歴において、中身のシェリー感の変化についてはもうお察しのことと思いますのであえて触れません。
では今回のスクリューキャップ仕様のこれはどうかというと、ベースはオールド系の黒砂糖っぽい甘さのあるシェリー感で悪くない一方。105ってこんなサルファリーなニュアンスあったかな?、という意外なフレーバー。
元々この時期あたりから、短期熟成のファークラスは往年のそれと比較すると力を落としつつあるのですが、サルファリーな要素は樽からくるもの。ニュアンスの異なる感じはブレンドや、流通先の違いによるものかもしれません。

熟成感としてはオールド感を差し引いて長期熟成が使われてる感じでもなく、平均10〜12年くらいかなという印象。
荒さを適度に残しつつ、不必要な部分はシェリーが包み込む、若さゆえの勢いを楽しめる1本。個人的には硫黄が無ければもっと。。。という感じですが、開封後数年は持つボトルなので、長く変化を見守っていくのも良いと思います。