カテゴリ:
WILD TURKEY
Kentucky Straight Bourbon Whiskey
Aged 8 years
1000ml 50.5%

グラス:グレンケアン
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★(5)

香り:スパイシーでナッティ、バニラとウッディなえぐみ。ツンとした刺激のあるウッディさ、新築の家具を思わせる溶剤香、ほのかにライムやハーブのアクセントも感じられる。

味:メローな口当たり、スパイシーな刺激も感じられるがボディは軽め、徐々に焦げ感とウッディな苦味を伴う。
余韻はドライでスパイシー。チャーオーク香が長く続く。

ロックにすると滑らかで飲みやすい、非常にマイルドな味わいになる。これはこれで何も考えないで飲むなら良いかもしれないが、個性はぼやけてしまう。何よりボディ、奥行きの軽さは時代のトレンドなのだろうか。


最近はめっきり個性もボディも軽くなってしまった、ワイルドターキー。過去何度か記事にしている、消費者に向かってメンチを切っていた威勢のいい時代は遥か昔。
当ブログの読者からは、マイルドターキーなどともコメントされているそれですが、正面を向いていたターキーのイラストが横向きとなり、絵柄がシャドーとなって、まるでその味わいの変化と比例するかのようなデザイン遍歴であることは、果たして偶然の一致なのかと感じてしまうほどです。

さて、昔を懐かしむのはこれくらいにして、現行品に限ってターキーを見ていくと、8年表記のターキーは2000円少々で購入できるバーボンの中では案外よく出来ている1本。実は一部市場ではNAに置き換わっているそうで、限られた市場のみで流通しているボトルという話です。
飲みごたえ、甘さとウッディネスのバランス、スパイシーさ。コクの薄さや樽のえぐみは如何ともしがたいものの、ストレート以外のロックやハイボールという飲み方であれば、中々楽しめるボトルと言えます。

特に2000円代の価格帯のバーボンでは、以前はエヴァンウィリアムズ12年を買っておけば良かったものの、そのエヴァン12年も値上がり&ラベルチェンジして味が変わってしまいました。その他の銘柄とも比較しつつ冷静に見て行くと、ターキー8年は現行品の中では頑張っている方なのかなと思ってしまいます。
(追記:輸入元がサントリーから明治屋に変更となるに合わせ、ターキーの値上げが昨年12月下旬に告知されていました。明治屋扱いのボトルは2000円代後半とのこと、これは世知辛い。。。コメントでの情報ありがとうございます。)

現在このターキー8年を中心にマイ樽熟成を進めていますが、これがどう育つかも今年1年間の楽しみです。