カテゴリ:
IMG_5779
HIGHLAND PARK
"VALKYRIE"
Viking Legend Series
2017's
700ml 45.9%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月以内
評価:★★★★★(5)

香り:生っぽいウッディさの漂う淡いシーズニングシェリー香、ほのかにサルファリーさも漂う。時間経過で黒砂糖、奥には若さと熟成感の混じったような酸味、華やかなモルティーさが穏やかなスモーキーさと共にスワリングで交互に感じられる。

味:クリーミーでシロップのような甘みを感じる口当たり。ローストした麦芽の香ばしさと苦味、乾燥した植物感、ジンジャー、シェリーのコクとほのかな硫黄。後半には土っぽいピートも感じる。
余韻はドライで焦げたホットケーキのようなほろ苦さ、口の中に張り付くシーズニングシェリーの甘みを伴い長く続く。

オフィシャルらしく複雑さとそれなりのバランスを備え、なんとなく飲めてしまうボトル。万人向けと言えばそれまでだが。。。個人的に求めているハイランドパークはコレジャナイ。少量加水で硫黄が浮つく傾向はあるが、一定以上加水すると樽感と麦芽風味がメインで広がり、ピートも残る。加水、またはロックで。


日本では先月11月下旬に発売されたばかり、ハイランドパーク・バイキングレジェンドシリーズの第一弾。戦乙女として知られるヴァルキリーの名を冠したニューリリースです。

「死の、先を行く者達よ!」と言えば、自分世代の男性陣には結構通じるだろう、北欧神話におけるヴァルキリーの基本設定(ちょっと違う?w)。
ただ、最近のハイランドパークの限定リリースは、中身とネーミングとの関連がほぼ無いといっても過言ではなく。それこそ、流行りの漫画ラベルのようなイベントボトルと違いがない世界でもあります。
まあそれを否定する訳ではありませんが、初期のヴァルハラシリーズは、コンセプトと中身のリンクが多少なりにあったんと思うんですけど、流石にネタ切れ。。。でしょうか。


(ヴァルキリーは戦場で優れた武功を挙げた戦士を天上界、ヴァルハラへ迎え入れるという。個人的に天上界のイメージに近いのがこの写真。オークニー島、ストーンサークルにてK67氏撮影。) 

そんなわけで中身の話。ハイランドパーク・ヴァルキリーの樽構成は、シェリー樽原酒とバーボン樽原酒のバッティングである旨が公開されているところ。
飲んだ印象では、シェリー樽といってもファーストフィル以外にリフィルも使われている印象で、比率は1st fill シェリー2、2nd fillシェリー4にバーボン4くらい。熟成感は10〜15年程度で極端に短熟や長熟が使われているという感じでもなく、ピートも穏やか。淡いシーズニングシェリーのフレーバーがメインに感じられる、バランス型の仕上がりです。

コアな愛好家からすれば半端な感じは否めませんが、価格的にはエントリー寄りのミドルグレードで、そもそもブランドの位置付けが半神のヴァルキリーの序列をイメージしているのかもしれません。(または、エントリーグレードのウイスキーで経験を積んだ飲み手を、ヴァルハラという名のさらなる沼に引きずり込むというグレード設計か。)

新しくボトルデザインに関わったJIM氏のそれは、バックバーにあって目を引く高級感。中身も突き抜けないながら上手くバッティングして万人向けと言える味わいに仕上げているため、BAR等での使い勝手は良さそうです。