カテゴリ:
IMG_5710
GRANT'S
Aged 21 years
Royal Doulton Stone jag
"Castle Grant"
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソースやチョコレートを思わせる艶やかな甘さ、ダークフルーツとスパイシーなウッディネス。微かに油絵の具のようなアクセント、奥からモルティーなアロマも開いてくる。

味:まろやかだがややウッディでほろ苦い口当たり。キャラメリゼ、オールドシェリー、ほのかにレーズンの酸味。奥には麦芽風味も潜んでいる。
余韻はドライでビター。落ち着きのある甘酸っぱさとともにタンニンが広がって長く続く。

グランツらしい素直な原酒構成に、オールドタイプのカラメルっぽいシェリー感が主体となっている、リッチな味わいのブレンデッド。古きよき時代を思わせる構成の一つ。樽感の奥には多彩な香味があり、テイスティンググラスでストレートをじっくりと味わいたい。

今回のボトルはグレンフィデックやバルヴェニーでおなじみ、ウィリアム・グランツ社のブレンデッドラインナップにおける長期熟成品。それを世界最大の陶磁器メーカーであるドルトン社製の陶器ボトルにボトリングしたものです。

流通時期は、国内WEBには「1992年にIWSで金賞を受賞したグランツの21年が使われている」という情報が広まっており、一見すると1990年代のようにも読めますが、ボトム部分にRoyal doulton tableware ltd 1981の表記。この1981は、同社のその他の陶磁器製品で流通時期によって異なる年数表記があり、ボトルの製造年と考えられます。
広く見て、1981年に製造されたものが1990年代にかけて販売されたというところでしょうか。

この仮説から流通時期を1981年流通と仮定すると、原酒構成は1950年代後半から1960年。この時期はグレンフィディックにパフュームも出ていませんし、バルヴェニーもいい時期です。



その香味はこってりとしたオールドタイプのシェリー感。ブレンデッドですが、リッチな味わいに飲み慣れた人でなければそれと気づけないのではないかと思うほどです。
飲んでいて連想したのが、ほぼ同時期に流通したと思われるバルヴェニー・クラシック(上記写真)。グランツ21年の方が熟成年数が長いのか、ウッディネスが強く感じられる一方で香味も多彩。カラメルソースでコーティングしたようなシェリー感はかなり近いものがあり、同じ原酒を使っているであろう結びつきが感じられます。

当時はブレンデッド全盛時代だったこともあって、バルヴェニーよりグランツ21年の方が流通量は多く価格も安価。こういうボトルは代替品として扱いやすいのでありがたいですね(笑)。