カテゴリ:
IMG_5600
WAKATSURU
MOON GLOW
Blended Whisky
Aged 10 years
First Release 2017
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1~2ヶ月程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:華やかでドライな香り。レモンピール、微かにドライアップルを思わせるオーク香、ツンとした杉の木のようなアロマもある。時間経過でオリーブオイルのような癖のあるオイリーさもほのかに感じられる。

味:香り同様華やかで乾いたウッディネス、バニラウェハース、ドライパイナップルのアクセント。時間経過でオイリーで微かに薬草キャンディのような甘み。余韻はドライ、ピリピリとした刺激を伴いあっさりとしている。

モルティーでバランスの良いブレンデッド。一見すると癖が少なく華やかで中性的なブレンデッドだが、奥にあるオイリーさや原酒由来の癖が、味わいにらしさと奥行き、個性を与えている。少量加水すると華やかさはあまり変らないが、フレーバーが分離するような水っぽさが出てしまう。ストレートで。


若鶴酒造が1960年代蒸留の自社原酒に加え、自社貯蔵していた輸入グレーン原酒等を用いたブレンデッド。「現時点で作れる究極のブレンデッドウイスキー」というコンセプトで、何を基準にするかという疑問点はありますが、スコッチスタイルのウイスキーとしては確かに悪くない出来のブレンデッドだと思います。 

リフィルタイプのアメリカンホワイトオークの華やかな樽香に、体感ではモルト7:グレーン3程度と、あまりグレーンが主張しないモルトベースのブレンド構成。
同社のモルト原酒はそこそこ癖のあるタイプのものが多いですが、それを多少残しつつも自然な感じで、余韻までバランス良くまとめ上げています。
おそらくこれ以上グレーンが少ないと、もっとバラツキのある味わいになっていたでしょうし、その逆ではグレーンが悪目立ちしていたように思います。

日本のクラフトディスティラリーは、グレーン蒸留設備を持たないため、ブレンデッドづくりではグレーンの外部調達が必須となります。(あるいはブレンデッドを買い付けて、それをグレーン代わりに混ぜる手法もあります。)
そのルートとしては、国外から買い付ける場合は商社を通じての輸入がありますが、先日某社が取り扱い先となっている8年と10年熟成のサンプルを飲んだところ、華やかで軽やか、スムーズなバニラと穀物風味で決して悪くない、むしろおいしいグレーンでした。
同じタイプのものを熟成のベースとして今回のブレンデッドにも使われているとすれば、このバランスの良さは納得です。

IMG_4898
(若鶴酒造、三郎丸蒸留所の一画にある貯蔵スペースの一つ。若鶴酒造は約60年前からウイスキーを製造していた歴史があり、少ないながら原酒のストックもある。)

ムーングロウ(月光)は、若鶴酒造のウイスキーブランドであるサンシャインウイスキーの対を成す言葉で、味わい的にも構成的にも、その意味がぴったり当てはまるようなブレンデッド。
中身とあまり関係はないですが、外箱に施された加工は富山県の名産である高岡銅器を模しており、ラベルと相まって美しい仕上がりです。

若鶴酒造といえば、Readyfor社のクラウドファンディングで蒸留所改修工事のプロジェクトを達成した事が有名ですが、昨日、そのクラウドファンディングの中でも特に大きな成果を達成した事業者を対象にコンテストが開催され、若鶴酒造は大賞候補にノミネートされていました。
商業色の強さからか惜しくも大賞は逃したようですが、同社が果たした成果の大きさを改めて感じます。

今後は更にマッシュタンや蒸留設備の改修、新設を進めていくだけでなく、ムーングロウの第二弾も予定しているとのこと。北陸初のウイスキー蒸留所のさらなる発展を期待したいと思います。