カテゴリ:
昨年、笹の川酒造と福島屋商店さんのコラボで実施された安積蒸留所の共同カスクオーナー制度。
募集が行われた当時、まだ安積蒸留所からはニューポットの販売もされておらず、すべてが未知数だった状況。にも関わらず最大150口の予定を大きく上回る254名317口の応募があり、急遽樽数を増やして対応したというのですから、やはり自分の樽を持つという特別感、未知のものへの期待感は愛好家の背中を押すのに充分すぎる効果があるということだと思います。


さて、その共同カスクオーナー制度ですが、つい先週末から第二回の募集が開始されました。
今年の募集は100〜150口、2018年の蒸留から5年間の熟成で、価格は1口1万6000円から。
樽は今年もバーボン樽でしょうか。
ボトリング時の仕様は700ml43%の加水シングルカスクで1口あたり2本を予定。オリジナルラベルは別料金で対応と、告知されている内容は、基本的に前回第一回と同じ仕様となっています。 

笹の川酒造×福島屋商店 共同カスクオーナー制度「琥珀色の浪漫」
※参加登録ページは以下からとなります。
(10/17 申し込み多数により今年も2樽への増加調整中とのことです。)



樽詰めされる安積蒸留所のニューポットは、少し田舎っぽさのあるオーソドックスなタイプ。酸味と程よい雑味を感じるアロマ。口当たりに柔らかいコクのあるモルティーな甘み、香ばしさがあって「いいんじゃない?」と言いたいところですが。。。
日常的に行われる試行錯誤や、今年からノンピートに加えてピーテッドモルトの仕込みも始められており、2018年にはこれまでとは違った仕上がりのニューポットが作られる可能性は高いと感じます。
(2016年12月と2017年1月に仕込まれたニューポット。後者の方が嫌味な部分が少なく感じられる。)

それはピーテッド、ノンピートという仕様の根本的な違いというよりも、酒質そのものの変化があるのではないかということ。
現時点で蒸留時期の異なる複数種類の安積蒸留所のニューポットを飲んでいますが、雑味がクリアになっていたり、コクがあったりと、ウイスキー作りの経験が詰まれる中で酒質のブレを繰り返しながら、徐々に洗練されてきている印象も受けます。
それはイチローズモルトの秩父しろ、厚岸にしろ、津貫にしろ・・・全てのクラフトにあることで、ポットスチルや設備の癖的な理解をはじめ、ウイスキーの作り手が常に良いモノを求めて工夫を続けているからに他なりません。
こうした変化を味わう意味で、第一回目に参加されている方が引き続き参加されるのも面白いかもしれませんね。

ちなみに自分も今回の募集に一口応募していて、手続き待ちです。
ボトリングされるのは2023年。ウイスキー業界はどのようになっているのか、そして我々はどのように年を重ねているのでしょうか。


【以下、ご参考】
笹の川酒造、安積蒸留所の紹介については以前記事化していますので、そのリンクも貼らせて頂きます。

第一回募集記事と蒸留所(熟成環境)等の紹介記事。
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1062846773.html
   
安積蒸留所 ニューポットのテイスティング記事
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1064108877.html

また、他のサイトとなりますが、第一回の共同オーナー制度に参加され、その後同蒸留所を見学、個別に取材をされた方の記事が大変良くまとまっておりますので紹介させていただきます。
笹の川酒造では、共同オーナーを対象とした交流会、現地見学会を今年の3月に開催しており、その模様もまとめられているのでオーナーになる楽しみの一つもイメージしやすいかなと思います。

クラウドファンディングの現場から ~福島・ウイスキー共同樽オーナープロジェクト~
http://www.actzero.jp/social/report-21210.html


前回のオーナー募集の際は、当ブログの記事がきっかけとなって参加された方が結構いらっしゃったそうです。元郡山市民として、地域活性化にも繋がる活動を応援出来て嬉しいですね。
自分は日本全体のウイスキー文化の発展もさることながら、縁のある土地にウイスキー文化が根付いて、そこで作られたウイスキーを飲むのも楽しみの一つ。
笹の川酒造さんの活動は、引き続き応援を兼ねて紹介していきたいです。