カテゴリ:
LAPHROAIG
Aged 30 years
Limited Edition 2016's
Distilled 1985
Cask type ex-bourbon barrels
700ml 53.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:焦げたピートのスモーキーさ、淀みのない香り立ちで勢いがある。ヨードや塩素、バニラ、時間経過で柑橘、ドライパイナップル、ややエステリーでハーブのアクセント。乾いたウッディネスのスパイシーさも感じられる。

味:香り同様に勢いがあり、フレッシュでフルーティ。グレープフルーツ、オレンジママレード、淡いトロピカル要素。奥からピートのほろ苦くスモーキーな味わいがしっかり。ナッツと乾いた麦芽、スパイスの刺激。
余韻はスモーキーでフルーティー。ハイトーンでオークの華やかさとウッディなドライさが長く残る。

長熟ラフロイグらしいフルーティーでピーティーなキャラクターがしっかりとある魅力的な1本。枯れた感じの少ないフレッシュさ、度数相応のアタックが開封直後は硬さにも繋がっている印象。
少量加水すると華やかさは増すが、思ったよりボディが伸びずピートもぼやけてしまう。時間をかけてじっくりと楽しみたい。

順番が逆になりましたが、昨年2016年にリリースされたラフロイグのリミテッドエディションです。
リフィルのバーボンバレルで30年熟成させた複数樽をバッティングした、シングルモルトのカスクストレングス。長期熟成オフィシャルのカスクストレングスで、この度数というのも近年珍しい仕様ですが、それ以上にバーボンバレルのみで30年熟成はボトラーズでもすっかり見なくなりました。

バーボン樽熟成とあって近年仕様のラフロイグを象徴するような、あるいは目指す姿の一つを見るような1本。
シェリー樽のニュアンスがない分、逆に樽感にキレがあり、全体を通しての華やかさやフレッシュさが強調されている一方、それが飲み口の硬さにも繋がっているようにも感じます。
例えばここで25年などに使われているリフィルシェリー樽やホグスヘッドなどが使われて入れば、もっとマイルドでコクのある味わいになったかもしれません。ただ、それは時としていい意味でも悪い意味でもオフィシャルバッティング的な味わいとなり、主張のはっきりとしたキャラクターになるかは別だと感じます。

言わば塩で味付けた料理(特にスープ類)に醤油を入れるようなモノですね。
このリミテッドリリースがそうした複数種類の樽を使ってこなかったのは、単に原酒の選定上そうなっただけとは思えず、作り手側に何か狙いがあったのかと感じてしまいます。
前年の32年がこの逆、複数タイプの樽を使って総合的に旨くレベルの高いボトルを出してきているだけになおのこと。

ちなみに今年リリースされた2017とはキャラクターは同系統ですが、樽使いの傾向の違いもあって、30、27、25で好みが分かれるなという印象です。
自分の好みとしては、樽感がストレートに感じられる30年はもう少し時間を置きたい。27年はバランスが良いものの、度数の低さ故勢いにはかけるのであまり時間はかけないほうがいい。とすると面白みは乏しくとも、毎年度リリースされている25年の安定感は流石だなぁとか感じています。