カテゴリ:
IMG_5293
JOHNNIE WALKER
GREEN LABEL
Blended Malt Scotch Whisky
Aged 15 years
TAIWAN LIMITED EDITION 
700ml 48%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:ほのかに青みを帯びたアロマ。スワリングすると干し草、ナッツ、オークの華やかさとバニラや洋梨の甘み、微かなスモーキーさ。時間経過で華やかでドライなオーク香が強くなってくる。

味:しっかりとしたモルティーな甘みと、ややドライなオークフレーバー。香り同様の構成で、干し草、ナッツ、洋梨、薄めた蜂蜜。余韻にかけて微かに酸味のある樽香、ピートが染み込むように残る。ピリピリとした刺激が心地よい。

華やかなオークの香味が主体的で、モルティーな香味、ピートフレーバーも備わって多彩。度数に対してややボディは軽いものの、少量加水程度であれば香りに麦芽香が開き、味わいもまろやかで蜂蜜系の甘みが広がる。
ハイボールは爽やかゴクゴク系。ロック、水割り、どのような飲み方にも対応するが、全般的にボディが軽いハイランドモルトのそれを飲んでいるようで、少々物足りなさも。
IMG_5298

2012年に一時終売、2016年に流通が再開されたジョニーウォーカー・グリーンラベル。
どんな事情なのか、同ボトルは台湾では2012年以降も販売が続いていただけでなく、ラベルチェンジ後は今回の台湾限定品もリリースされていました。
このボトルについては通常品の度数増しなんて話もあって、それを真に受けていたところもあったのですが、飲んでびっくり、レシピからして違うように感じます。

テイスティングの通り、華やかな樽感が強く、よりハイランド・スペイサイド的な系統を強く感じる仕上がり。公式に挙げられているキーモルトの中で言えば、リンクウッド、クラガンモアでしょうか。特にリンクウッドっぽさは、トップノートで感じやすい気がします。
そのためか、通常のジョニーウォーカーに見られる、使い古したサードフィルあたりの樽由来か特定原酒由来か、えぐみや苦味のような香味が控えめで、上質な印象を受けるのです。

ハイボールにするなら樽香以外の要素とバランスが取れる通常品のほうが個人的に好みでしたが、そこも好みの問題というレベル。少なくとも台湾限定品のほうがストレートで飲んでいて、楽しくあるボトルです。
隣の芝生は青い。。。のかもしれませんが、近年の台湾市場の拡充ぶりは、ちょっとした嫉妬を覚えてしまいます。
どこか日本にも並行品で入れてくれませんかねぇ(チラッ。


このボトル、ウイスキー仲間から昨年お土産としていただいていたのですが、どうせなら本人含めメンバーが揃う集まりとかで開封しようと、その時は酒棚の中へ・・・そこから1年、中々タイミングが合わず、流石に飲まないと申し訳ないなと開封してみました。
価格的に通常のジョニーウォーカー・グリーンラベルと変わらないそうで、それでいて中身はさらに万人ウケするであろう華やかで飲みやすい味わい。これなら台湾旅行のお土産にしても喜ばれそうです。