カテゴリ:
CLYNELISH
Single Highland Malt Whisky
Years 14 Old
1990-2000's
700ml 43%

グラス;木村硝子テイスティンググラス
場所;BAR飲み@エクリプスファースト
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:甘くワクシーな麦芽香、おしろい、すりおろしたリンゴや洋梨、軽やかな香ばしさとほのかに尾行を刺激するスパイシーな刺激。奥からドライでオーキーな華やかなアロマも開いてくる。

味:まろやかな口当たり。ワクシーで麦の芯を思わせる甘み、微かな植物感、バニラ、じわじわとオークフレーバーが広がり、洋梨などに通じる果実味も感じられる。
余韻は淡いピートがほろ苦く、ナッツや麦芽風味主体で長く続く。

甘い麦芽風味、独特のワクシーさ、程よい厚みのあるボディはミスタークライヌリッシュという味わい。樽香はバランスよく、酒質部分が主導の中で後からアクセントとして開いてくる。もはや加水は必要なく、ストレートで楽しみたい。


通称「花と動物」のクライヌリッシュ。UD時代から飲まれている人にとっては、特に懐かしいボトルだと思います。
もはやお約束レベルなのでさくっと流しますが、花と動物シリーズは、UD社(現ディアジオの前身となる企業)が保有する蒸留所の原酒を、シングルモルトとしてリリースしたもの。ラベルにはその蒸留所と関わりの深い、花や動物の絵が描かれていて、クライヌリッシュは山猫です。

蒸留所の親会社がリリースしたボトルであるため、半ばオフィシャルという位置付けとなっており、この上位グレードには、UDレアモルトシリーズが展開されていました。
花と動物シリーズは、トータルで20種類以上リリースされていたと記憶していますが、足並み揃って20種類ではなく、アバフェルディのように蒸留所が他社に売却されたりして販売されなくなったもの。あるいは別シリーズ展開のためにリリースを休止したものや、逆に近年までリリースが続いていた物などがありました。

今回のクラヌリッシュは2000年代前半、花と動物シリーズ発売から割と早期に生産が休止されており、動シリーズの中ではレアなボトルに入ります。他にレアなところはアバフェルディやカリラですかね。
ただ、その代わりなのかヒドゥンモルトシリーズとして同時期にオフィシャルのクライヌリッシュ14年が発売され、その後はマイナーチェンジを繰り返しながら今日に至っています。

(クライヌリッシュはシングルモルトを嗜むなら抑えておきたい蒸留所の一つ。ボトラーズリリースが多いだけでなく、ジョニーウォーカーを構成する主要原酒の一つでもある。Photo by K67)

オフィシャルとの比較では、一時期は花と動物が圧倒的で、今飲んでも「まさにクライヌリッシュ」という麦芽風味やワクシーな味わいが好印象なボトル。
なぜこのような味わいになるかは諸説ありますは、ファンの間で最有力な話が「ポットスチルのラインアーム部分を洗浄していないため」という話。
鰻のタレ、あるいはくさやか、ファンが多い蒸留所である一方で、人によってはその経緯から受け付けないという方もいたりします。

一時期のオフィシャルはこの要素が薄くなり、ドライでスパイシーな傾向にシフトしていたものの、昨年あたりでオフィシャル14年がひっそりと「美味しく」なり、あの味わいが戻ってきました。
飲み比べをしても面白そうだと感じています。