カテゴリ:
LAPHROAIG
CASK STRENGTH
10 years old
Batch No,002
700ml 58.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み(持ち寄り会)
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:パワフルな香り立ち。エッジの立ったアルコール感、甘いバニラのアロマが混じったヨード、燻したようなスモーキーさ、ナッツ、微かに焦げた木材を思わせるニュアンス。

味:強い口当たりでスモーキーさ、コクのある甘み。バニラ、ナッツ、微かに柑橘、ヒリヒリとしたアルコール感。余韻はドライで焦げたようなピートフレーバー、レモンピールやグレープフルーツ、柑橘のフレッシュな味わいを伴うスモーキーなフィニッシュ。

力強いスモーキーさとアタックを兼ね備えた1本。ラフロイグの個性とも言える要素がはっきりと感じられ、特にこのバッチはバニラ系の甘みが強く出ている印象。ストレート、ロック、ハイボールと何でも使えるが、せっかくのカスクストレングス、ストレートや少量加水で楽しみたい。


加水の穏やかな味わいでは物足りなくなってしまった、そんな愛好者が行き着く先と言える、オフィシャルリリース、ラフロイグのカスクストレングス。何故か日本では終売になってしまったのですが、イギリスなど一部市場では毎年1バッチのリリースが続いているようで、それを嬉しく思うと共に、日本への正規輸入が無いことにいささか複雑な気持ちにもなります。

ラフロイグの個性といえば、甘いヨード香を伴うピートは言わずもがな、ナッツを思わせるフレーバーが自分の中で他のアイラモルトと違う要素として認識しています。基本的にはバーボン樽熟成なので、バニラを思わせる甘み、柑橘のニュアンスは付きやすいところ。
それは他のアイラの蒸留所であっても同じなのですが、この酒質由来と思しき要素は「ラフロイグらしい」と思わせる香味に繋がっていると言え、今回のカスクストレングスもまたはっきりとそのキャラクターが感じられます。

DSC08729
(ラフロイグ蒸留所のピートモス。ここで掘りだされたピートがフロアモルティングに使われる。アイラのピートは海草を多く含むという印象だが、見た目は植物系の含有量が多い。 Photo by K67)

ラフロイグらしさと言えば、近年リリースの増えてきた内陸系モルトのピーテッドタイプ 、例えばマネージャー繋がりでもあるエドラダワーのバレッヒェンなどに、似たニュアンスが感じられるモノもあり、それが何に由来なのか気になるところです。
同じピートや麦芽で仕込んでいるということなんでしょうか。

さて話を戻して輸入の話。カスクストレングスは、当時サントリーが繋がりのあったペルノリカール関連で正規輸入があったと推測されるものですが、2011年にラフロイグはペルノリカールからビーム社へ。。。サントリーとの関係は途切れてしまいます。
しかしその後2012年にサントリーがまさかのビーム社買収。一度関係は遠のいたものの、現在は親会社になったわけですから、よくわからない加水のNAとか入れてないで、こういうラインナップを国内展開してくれてもいいと思うんですけどね。