カテゴリ:
SECRET SPEYSIDE
(MACALLAN)
The malt man
Aged 14 years
Distilled 2002
Bottled 2017
Cask type 1st fill Sherry
700ml 55.9%

グラス:サントリーテイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:BAR飲み(BAR Gosse)
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでウッディ、ゴム感も伴う濃厚なアロマ。焦げた木材を思わせるアクセント、黒蜜、時間経過でプルーンなどダークフルーツを思わせる甘さも開いてくる。

味:濃厚な甘みと強いウッディネス、樽感には香り同様に焦げたようなニュアンスもある。プルーン、カラメルソース、微かにハーブ、ピリピリとした刺激もある。
余韻はドライでビター、少しざらつく舌当たり、序盤の濃厚さが急速におとなしくなり、若干の香木感を伴い長く続く。

見た目同様こってりと濃厚、硫黄感は感じないがシェリーに加えて樹液が混じったようなウッディネス、若干焦げ感も感じられ、意図的に濃さを出そうと作られた樽であるように感じられる。故に酒質由来の香味は皆無で、多様性に乏しくただただ圧殺。しかし思いの外余韻に強い渋みや甘みが残らないのも特徴。少量加水またはストレートで。


先日"マッカランと思われるもの"としてリリースされ、その凶悪なほど濃い色合いや近年の相場からすればそこまで高額でもない価格設定も影響して、あっという間に市場から消えていったモルトマンのシークレットスペイサイド。
確かにこのスペック、見た目でマッカランらしいと言われれば、とりあえず買ってみるかってなりますわな。これが淡い色合いのバーボン系だったら、初動はまた違っていたのでしょう。

その中身については、最近よく見られるようになって来た(そして今後増えていくであろう)、スパニッシュオークでのシーズニングカスクを用いた樹液バリバリのどっかんシェリー系。
ただ、テイスティングでも触れたように、スパニッシュオーク樽の特徴というか、メリットの一つと言える香木系のニュアンスは控えめで、代わりに焦げたようなニュアンスが多少感じられるので、エキスを強く出すように設計してある樽なのではないかと推察します。

蒸留所、つまりマッカランであるかどうかは、正直シェリーが濃すぎてわからんというのが本音のところですが、シェリー感を差し引いて残る香味からすると、まあそうなんかな〜と思える要素はあります。
14年くらいのマッカランだと、50%オーバーのシングルカスクならもっと強いアタック、ひりつくような刺激があってもいいのですが、樽からでたエキスでそのあたりが程よく中和され、その分多層感に乏しい濃厚樽味系に仕上がったという感じでしょうか。
真偽のほどはさておき、シェリー樽熟成のシングルモルトとして考えれば、確かに近年の相場と中身でお買い得な1本だったとは思います。

BARでの使い勝手も良いでしょうし、濃厚民族の皆様は歓迎するであろうその中身。所謂シガーとの相性が良いと言われるタイプでもありますね。機会があればボリバーやパルタガスあたりと合わせてみたいです。