カテゴリ:
GLENMORANGIE 
ORIGINAL 
Distilled 1974
Bottled 1999
Bottled No,638/2000
500ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み@Gosse
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:ウッディな渋み、カラメルの甘みや葡萄を思わせるフルーティーさ、華やかな熟成香が香る。微かにスモーキー、時間経過で干し草、土っぽいアロマも感じられる。

味:香り同様にウッディな渋み、シェリーオークのとろみのある甘み、フルーティーさ。コクがあるが中間以降はビターでドライ。ほろ苦いカラメルソースの甘み、古酒感、タンニンを伴う長いフィニッシュ。

香りは強い熟成感がありリッチで充実しているが、樽感が強くウッディでテイスティング時点ではアンバランスさを感じたモルト。モノは間違いないが、もう少し甘みが開くことを期待したい。


グレンモーレンジが2000年の到来を記念するセールスの一つとして、2000本限定でリリースした1本。このころはグレンモーレンジに限らず様々なメーカーが記念ボトルをリリースしており、当時の潤沢な原酒状況もあって、高い評価を受けているボトルも少なくありません。
今回の1本は、ボトル形状が100年くらい前のそれをイメージさせるレトロな形状。推測ですが、1900年年代最後の年のボトリングとして、この100年の始まりである1900年頃のボトルをイメージしたのかなと感じました。


その構成はテイスティングの通りシェリー系のニュアンスが強く出た香味。酒質が穏やかなグレンモーレンジで20年を超える熟成というだけあってか、加水でありながらシェリーオークの甘みや果実味の他に結構ウッディで渋みも強くあり、樽由来のキャラクター、熟成感がわかりやすいボトルに仕上がっています。

強いウッディネスは、テイスティング中の時間経過で甘みが強くなってくる変化もありましたので、今後の変化に期待したいボトルでもあります。グレンモーレンジは現行品の関係からバーボンというイメージが強いものの、決してそれだけに合う酒質じゃないのは今回のボトルからも伝わってきますが、もう一方で30年を越えるような長熟向きというわけでもないんですよね。


こちらのボトルは、目黒のBAR Gosseさんの1周年記念で開栓されたうちの1本。
オープン直後に遊びに伺ってから早いもので、1年間あっという間でした。。。これからもウイスキーファンの間口を広げる、気軽にウイスキーを楽しめるお店として活動していって欲しいです。


(BAR GOSSE 1周年記念開栓ボトル4本。)
https://www.facebook.com/gosse.meguro/