カテゴリ:
IMG_5116
963
MALT & GRAIN
RED LABEL
FINE BLENDED WHISKY
SASANOKAWA SHUZO
700ml 46%

グラス: 木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★(4-5)

香り:ツンとしたアルコール感、ハッカのようなスーッとする爽やかさ、ザラメの甘さ、乾いた穀物のようなアロマ。時間経過でラムのような植物っぽいニュアンスが開いてくる。

味:ややドライで若さを感じるニュアンスはあるが、まろやかなコクのある甘みがある。ケーキシロップ、バニラウェハース、ビスケット。
余韻はヒリヒリとしたアルコール感、ドライ。干し草、微かなピートを伴いさっぱりとしている。

香りほどアタックは強くなく、口に含むと柔らかい甘みにモルティーな味わい。ハイランドタイプのブレンデッドを地で行く構成。単調気味だが飲みやすくまとまっている。
ストレート、ロック、ハイボール、様々な飲み方で気軽に飲める晩酌ウイスキー。


先日紹介した963の黒ラベルの姉妹品。黒ラベルがアイラモルトを彷彿とさせるピーティーな原酒を主体に作られているのに対し、赤ラベルは穏やかなハイランドタイプの原酒を主体に構成されています。
WEB上の評判は黒ラベルのほうが良いようですが、香味のベクトルの違いはあれど、質的に両者にあまり差はなく、この赤ラベルもなかなか頑張ってるなと感じています。

ピートや樽感というものはお化粧のようなモノで、付けすぎているとケバくてしつこいものの、原酒の嫌味な部分、若い部分などをマスクするため、それなりな仕上がりになる傾向があります。ニューポットなんかはまさにそうですね。
他方、ノンピートならぬピートをほとんど焚いていない原酒の場合はその逆、酒質由来の要素がダイレクトに飲み手に届きます。
若い原酒を使うウイスキーでは、そうした香味とのバランスが特に難しいと思う部分になります。

IMG_5110

この963赤ラベルは、全体のバランスをとるため若い原酒に加えて中熟クラスの原酒が使われている印象があります。
樽感は淡くリフィルタイプですが、飲み口の後に広がる甘みに柔らかいモルティーなコクが混じって余韻への橋渡しとなっており、若さ、嫌味な要素を軽減。熟成感としては黒ラベルよりも感じられます。
こういう樽が強くなくコクのあるウイスキーは、ハイボールにしても柔らかさ、スムーズな飲み口が残るので、テイスティングの通り色々な飲み方に使えるわけです。

笹の川酒造のお膝元である福島県郡山市では、酒販店頭にも多く見られるようになってきたという963シリーズ。
カクハイを卒業したら次はご当地ハイボール。笹の川酒販では今年からピーテッド原酒の製造も始まったとのことで、このまま現地の文化として成長し、根付いていって欲しいですね。