カテゴリ:
IMG_5078
BOWMORE
DARK & INTENSE
Aged 10 years
Marriage of Spanish Oak
Sherry cask & Hogsheads
1000ml 40%

香り:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:塩気を伴うツンとしたアロマ、緩くシェリーのニュアンスに淡いウッディネス、焦げたようなスモーキーさもあるが全体的に緩い。

味:甘く柔らかい口当たり、ケーキシロップや甘口ワイン、じわりとピリピリとした刺激、微かにオイルやゴムっぽさ、焦げた木材。
余韻はドライでウッディー。ダシ系の塩っぽさ、淡くピートが染み込むよう。

加水が効き過ぎているのか、ずいぶんと緩いウイスキー。甘くスムーズで非常に飲みやすいが、ボウモアらしいクセ、フルーツ、スモーキーさは控えめ。言い換えれば飲みごたえがないとも言える。アイラを飲み慣れない人には丁度いいかもしれない。

今年2月ごろに発売された、ボウモアの免税向けボトルの一つ。他には15年、そして先日当ブログでも紹介した18年が展開されています。
このボウモア10年は、スパニッシュオークのシェリー樽を主体に熟成された原酒が使われており、加水が強めですがそれらしいニュアンスもあって、ラベルチェンジ後のオフィシャル12年と明確に差別化が計られています。

数年前のデータですが、ボウモアで貯蔵されている樽の比率は、シェリー樽が14%程度だったとする資料が手元にあるのですが、そこから考えてもずいぶんとシェリー樽を使ったリリースが増えたなという印象。
ラベルチェンジにあたってレシピを変える中で、例えば若い年数のものではオフィシャル12年をバーボンやリフィル系の原酒で構成する形に変更し、シェリー系の原酒を今回のような他のリリースに回しているのかもしれません。
オフィシャル12年、新旧ラベルで飲み比べると新ラベルはずいぶん奥行きが軽くなりました・・・。

なお、同じく最近並行品が日本に流通した旧ラベルに当たるボウモア9年シェリーカスクには、余韻にかけて"らしい"フルーティーさが感じられる中で、10年熟成のこのボトルは緩いシェリー感が主体でだいぶキャラクターが異なっていました。
ひょっとすると今の生産者、作り手のボウモア蒸留所のハウススタイルへの理解が、こういうキャラクターなのかもしれません。(そう言えばマネージャー変わったってニュース出てたような。。。)

まあどこが悪いという話ではなく、所謂コスパの良いタイプのボウモアです。
ゆるゆる、家飲みで使いたいですね。