カテゴリ:
IMG_4412
SUNTORY WHISKY
YAMAZAKI 
Single Malt Whisky 
No Aged 
180ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティング
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★(5)

香り:ツンとしたアルコール感、ウッディで甘いアロマの奥からハーブ、少し焦げたようなニュアンス、キャラメル、焼き芋や黒砂糖。香りの要素に分離感のある構成。

味:ねっとりとした甘い口当たり。ザラメ、乾いた木材、淡く植物系のニュアンス。少しざらつくような口当たりを残しつつ、奥から若い原酒を思わせるエッジの立ったアルコール感。
余韻はスパイシー、あざとさのあるオークフレーバーの後は、若い原酒の荒さを残して長く続く。

12年に共通する樽香も一部感じるところがあり、山崎らしさは備わっている一方
。香味とも荒さが目立ち、ストレートは少々呑み疲れる。飲み方は少量加水が好ましい。ロックも初めは悪くないが、氷に負けるのが早い印象。


ハイボールブームの折、山崎10年のフェードアウトを支える形で2012年に発売された、山崎ノンエイジ。
先日、久々に白州NAが飲みたくなって180mlボトルを購入したわけですが、ついでだから山崎NAも飲んでおくかとセットで購入していました。
自分の周囲の飲み屋では、白州ハイボールは比較的ラインナップにあって角ハイボールに飽きた時に頼んだりするのですが、山崎NAはあまりなく、かつハイボールというイメージも無いため、NAを飲むのはそういうシーンを含めても本当に久しぶりです。

そんな久しぶりの山崎は・・・"荒い"というのが第一印象。例えば若さというとニューポッティーで乳酸系の酸味が強いというような要素がありがちですが、これはそのタイプではなく。ワイン樽やホワイトオークなど使われた樽由来と思しき甘みはそこそこあるのですが、ベースとなる原酒の奥行きが乏しいので、舌あたりの荒さ、アタックの強さが目立ってしまう印象です。
昔某ウイスキー雑誌のテイスティングコメントで「まだ時間が必要」と書かれていた事を、朧げながら思い出しました。

一方、飲み進めていくと、テイスティングの通り「この辺は上位グレードと共通点があるな」と思う部分もあります。
その一つが余韻にかけて感じる華やかなオーク香、熟成した山崎原酒に感じられる要素です。
限られた原酒の中で苦労して作られている事が伺えます。
これはこういうもの、として割り切るなら、楽しめる要素にフォーカスして飲んでいける。エントリーグレードのあり方を考えさせられるボトルでした。