カテゴリ:
FAMOUS GROUSE
PRESTIGE
Finest Scotch Whisky
1990's
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後半年程度
評価:★★★★★★(6)

香り:エステリーで熟成感のある華やかな香り立ち。ドライなオーク香、微かなハーブ、洋梨、奥からおしろいを思わせる麦芽の甘いアロマ。強くはないが存在感のあるスモーキーさも感じられる。

味:まろやかで徐々にドライな口当たり。ハチミツや麦芽風味主体の甘み、ナッツ、じわじわピート。香り同様の洋梨の甘さも混じる。ボディもそこそこあり、モルティーで飲みごたえがある。
余韻は心地よくドライでスパイシー。スモーキーで麦芽の甘みも残る。

熟成感あり、ややドライでブレンデッドとしてはオーキーな樽感が強いようにも感じる一方、モルティーでボディも暑く、全体のバランスが取れている。正直これは良く出来ている。
加水すると甘みが強く麦芽風味が前に。ハイボールも悪くないが、少々麦芽風味が野暮ったい。。。

1990年代、アジアマーケット向けにリリースされたという1本。WEBの情報を見る限りでは、2000年代前半あたりまでリリースされていたようです。
「あの有名な雷鳥のウイスキーをくれ」そんなエピソードから"フェイマス"の名を冠した同銘柄に、名声、一流といった意味を持つPrestigeの表記は、単に酒のグレードを表す以上にしっくりときます。

当時、フェイマスグラウスを製造していたマシューグロウ&サンズ社はハイランドディスティラリー傘下であり、UD系列。
中核を成した原酒はタムデューあたりでしょうか。モルティーで麦芽風味がしっかりと感じられ、スモーキーフレーバーもGOOD。ノンエイジですが体感20年前後の熟成感があり、樽由来のフレーバーも充分です。
裏ラベルに書かれたPRに偽り無く、下手なフェイマスグラウスのオールドより、出来がいいボトルだと思います。
家飲み用に常にストックしておきたいくらいです。

このフェイマスグラウス・プレステージ、国内のリユース市場ではあまり見かけませんが、日本市場には並行品が2000年ごろに出回っていった形跡があります。
この頃、同ボトルはデザインこそ無駄に重厚感あるそれから変わりませんが、ラベルからロットナンバーが消え、やや濃いめの色合いのラベルに変わっています。価格も中々お手頃だったようで、機会があればこの頃のモノも試してみたいです。

ちなみに、当時購入された方はご存知と思いますが、ハリボテかと思いきや蓋もボトル同様妙に重く、思わず落としそうになってしまいました。取り扱い注意です(笑)。