カテゴリ:
ボウモアホワイトサンズ17年
BOWMORE
WHITE SANDS
Aged 17 years
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml
場所:自宅(ブラインドサンプル)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

【ブラインドテイスティング】
地域・蒸留所:ボウモア
熟成年数:18年程度
度数:43%(加水)
樽:リフィルシェリーを含む複数樽

香り:塩素系のスーッとするアロマ、焦げた木材のようなスモーキーさ。ややケミカルさの混じるトロピカルなフルーツ、風邪薬シロップ(オレンジ風味)、アップルマンゴー、ハーブ。スモーキーでどこか爽やか。

味:オイリーでまろやか、ナッツ、乾いた麦芽風味から、ピートフレーバーと若干の紙っぽさを伴うケミカルなフルーツ。オレンジママレード、ドライマンゴー、樽由来のバニラ、徐々にグレープフルーツの苦味。ボディはミディアム程度だが、多彩さがある。
余韻はピーティーでスモーキー、ヨードや魚介系のニュアンス、塩気を含む心地よくドライなフィニッシュ。

ボウモア、という以外に表現しようがないが、熟成感が適度にありつつフルーティーで、現行通常オフィシャルで飲んだことがないレシピと感じる。免税向けボトルだろうか。複数樽由来と思しき多彩で異なる要素が飲み方次第でマイナスになりそう。加水はNG、ストレートで。

IMG_4257

個人的に毎月の宿題というか今年の活動の一つ、第三者にサンプル選定を依頼して行うブラインドチャレンジ。6月に実施していた分ですが、更新が遅れてしまいました。
今回もボトルはドーノックさんで調達。最近だいぶボトルを調達されたようで、久々にページを見たところ、海外流通品含めラインナップが大幅に拡充されていました。

さて、予想の経緯ですが、味、香り共に中々しっかりとしており、ボウモアらしいフルーティーさに加えて、オレンジっぽいニュアンスが印象的。
香味も多彩で、バーボン樽以外にシェリー系、それもガツガツした1st fillではなく、リフィルシェリーホグスタイプの樽が使われているのではないかと感じました。(※メーカー表記ではリフィルバーボン樽が主体とされています。)
加水を感じさせる、序盤のオイリーな口当たり。熟成感は程よく、紙っぽい感じが少し混じるので原酒は2000年まで行かないにしても1990年代後半蒸留の近年リリースと推察。 

複数樽バッティングで加水となるとボウモアはほぼほぼオフィシャルボトルとなるわけですが、この熟成年数の通常ラインナップはパフューム香が残っているため、現在日本で流通するボトルで該当するレシピのものは無いと判断。免税向けの近い熟成年数のものか、本国で流通し始めた18年あたりではないかと予想。 
テイスティング経験が試飲程度だったので、ホワイトサンズ17年である確証は持てませんでしたが、一緒にブラインドを行なったメンバーの一人である某S氏がゴールドリーフ、自分がホワイトサンズで予想し合って結果発表を待つシーンもありました。
何か試合をしているようで楽しいひと時でした。


ボウモア・ホワイトサンズ17年は2014年に免税店向けにリリースされた1本で、ボウモア蒸留所近くの砂浜をオマージュしたリリース。この他、ゴールドリーフ、ブラックロックとあわせ、3銘柄がほぼ同時期に発売。どれも1番熟成庫で熟成させていることも売りにしています。
加水ではありますが、市場価格10000円を切る設定で1997年以前に蒸留された90年代ボウモアで構成されたボトルというのは、現時点のボウモアリリースが2000年を越え主流となりつつある中で、中々お買い得なスペックなのかなと感じます。 (パフューム香がないのも魅力です。)

このホワイトサンズ、本国では終売との噂。調べてみると確かに公式サイトからボトルが消えています。
次期18年がこの構成なら良いのですが、それでは実質値上げでしょうし、買いなのかもしれません。