カテゴリ:
BOWMORE
VAULT EDITION No,1
First Release
700ml 51.5%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(サウスパーク)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:紙や布、色々なものが焦げたようなアロマ。焦げ感は徐々に収まり、ロウソク、グレープフルーツ果汁、塩素、味にも共通する紙っぽさとフルーティーな甘み。じわじわとピートスモークが存在を主張する。

味:オイリーな口当たりからグレープフルーツキャンディ、強い紙っぽさ、ピリピリと舌を刺激するスパイス、にがりのようなえぐみ。香り同様プールの塩素のようなニュアンスも感じられる。
余韻はドライなウッディネス、オブラートのような紙っぽさとグレープフルーツやレモンなどの柑橘、荒いピートを伴うスモーキーなフィニッシュ。

ボウモアらしいグレープフルーツ系のフルーティーさが粘性のある甘みと共にはっきりと感じられるが、これまた近年のボウモアにある紙っぽさが強く、さらにピートと樽由来の焦げ感が相乗して違和感に繋がる。加水すると焦げ感は薄まるが。。。


国内では6月6日に発売されるリニューアルしたボウモアラインナップの一つ、ヴォルト(ボールト) エディションNo.1。今年はテンペストの新バッチが発表されてないのを見ると、ラインナップ的にはその後継という位置付けでしょうか。
モノとしては2016年末頃に発売されており、今回のテイスティングボトルはイギリス国内で流通していたファーストリリースを、海外通販で購入したものになります。

Vaultは熟成庫を意味しており、No.1は第一熟成庫、つまりはボウモア蒸留所の中で最も古く、海沿いに建てられた海抜0メートルに位置する熟成庫の事。「大潮の満潮時には熟成庫の壁が一部海に沈む」「波しぶきがかかることなど日常茶飯事」というエピソードは、ウイスキー愛好家なら1度は耳にした事があると思います。
今回のリリースはその1番熟成庫で熟成された原酒で作られており、そうした環境が織り成す個性をキーとしているボトルです。
(ボウモア蒸留所外観。今年からリニューアルしたオフィシャルボトルのラベルは、この白い壁をイメージしているという。 奥には今回リリースされた原酒が熟成された第一貯蔵庫も見える。Photo by K67)

飲んだ感想としては、原酒の熟成感は比較的若めの10年前後主体、樽はバーボン樽がメインと思われますが、バリバリのバーボンオークという感じではなく、ファーストフィル以外に幾つか異なるタイプも使われてそうです。

香味の要素では、ピートやフルーティーさは良いのですが、2000年代以降のボウモアに特に見られる「紙っぽさ」が強く。普段この要素にそこまで抵抗のない自分も、これは強いなと感じるほど。
加えて樽由来か、焦げたようなニュアンスの存在も注ぎたてはかなり感じられ、ちぐはぐというか少々まとまりのない構成という印象です。

他方、焦げ感は時間経過で多少軽減されたようにも感じられるので、開封後の変化であるいは。。。
昨年までのテンペストのイメージもあり、あまりコスパが良いとは言えない気がします。