カテゴリ:
CAOLILA
Distillers Edition 
Distilled 2004
Bottled 2016
Double Matured in Moscatel Cask Wood
700ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
開封時期:開封1カ月程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:スモーキーで焚き火の後のような香り立ち。ベースはクリアで塩素系のニュアンス、砂糖漬けレモンピールに乾いた牧草、微かに杏のお菓子を思わせる甘いアロマも。

味:淡く粘性を伴う口当たりから、焦げた木材、クリーンな甘みと塩気を伴う。中間目立った広がりはないが、焦げ感は強く荒さがある。
余韻はピーティーでスモーキー。塩気は長く続く。

甘口のモスカテルシェリーのダブルマチュアードだが、飲み口はクリアでピートや塩味等はっきりとした主張がとろみのある甘さと渾然一体となって・・・とは言い切れず、ややアンバランスな印象。時間を置いて試して見たい。


MHD社、2017年リリースのダブルマチュアードシリーズ、ラガヴーリン、タリスカーと来て、最後の島ものはカリラです。
この島もの3兄弟の中で、カリラについては毎年これという印象が無く、自分の中の評価軸でも1つ落ちてしまうのですが、今回のリリースも同様。悪くはないのですが、現時点ではややまとまりに欠ける味わいというのが拭えませんでした。

それもこれも、カリラはクリアでピーティーという酒質がベースにあるところ。タリスカーやラガヴーリンはオフィシャルスタンダードである程度樽の効いたリリースですが、カリラはオフィシャル12年で完成度が高く、ダブルマチュアードにすると中途半端な樽感がある種の異物感というか、酒質との印象が変わってしまうからか。
(どっと味をつけてくれるような樽ならまた変わるのでしょうが。)

以上は自分の勝手なイメージですが、この樽感とのまとまりが、時間経過でしっかり馴染んでくれるなら、あるいは5年後くらいにこのリリースも面白い仕上がりとなるかもしれません。


話は変わりますが、カリラは現在原酒の9割をスコットランド本土の熟成庫で熟成していると聞いています。(カリラの熟成庫にカリラはほとんどなく、ラガヴーリンの原酒が熟成されているという話も・・・。)
ウイスキーに塩気が混じるのは熟成環境によるとするのが定説ですが、アイラ島で熟成していない原酒から塩気が感じられるのはこれ如何に。それともこのカリラは数限りあるアイラ島の熟成だったのか。
塩気については自分の中で仮説が一つあるのですが、いずれ記事にしたいですね。