カテゴリ:
TALISKER
The Distillers Edition
Distilled 2006
Bottled 2016
Double Matured in Amoroso Cask Wood
700ml 45.8%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでヨードのニュアンスを伴う甘く焦げたような樽香、アーモンドやくるみのナッツ、微かにドライイチジクの酸。奥から塩素を思わせるスーッとするニュアンスも感じる。

味:とろりとした口当たり、ピーティーでローストした麦芽のほろ苦い味わい、黒糖飴、酸味を伴う樽感から、鋭角な塩気も感じられる。
余韻は焦げた木材を思わせるスモーキーさ、ピリピリとスパイシーでドライ。

固形の塩を口に入れたような塩気が特徴的。樽感がやや浮つき気味でまとまりに欠ける印象もあるが、未熟感があるわけではなく致命的な程ではない。余韻にかけてはらしさもあるボトル。


MHDディスティラリーエディションの中でも、毎年安定している印象のあるタリスカー・ダブルマチュアード・アモロソカスク。
アモロソシェリーはあまり馴染みのないシェリーの種類ですが、オロロソにペドロヒメネスを加えて甘口に仕上げて熟成させた、主に調理用などに用いられるシェリーのことだそうです。
シェリー酒の格としてはオロロソやPXに劣るようですが、それはあくまでシェリー酒側の分類であって、樽の効果は別問題。というか、シーズニングで作ってることを考えるとそもそも中身は格とか言ってる場合ではないワケで。結局は、何の樽にしてもウイスキーが美味くなるかが第一だと思います。

このアモロソシェリー樽を使ったタリスカー・ダブルマチュアードは、過去のリリースを振り返るとしっかり甘みやコクのあるものがリリースされてきた印象があります。
一方数年前にラベルチェンジし、今のデザインになってからは、樽の甘みが控えめになってきてバランス寄りの傾向。
その変化の過程か、例えば2014年ボトリング(2015年流通)は香味のバランスが良くストレートにハイボール、何でもござれでしたが、今年のリリースは塩気や焦げ感が強く感じられ、荒々しい印象も感じる味わいに仕上がっています。
なんというか、らしいと言えばらしいですね。

今回のテイスティングは開封後1ヶ月程度でしたが、この手の香味は時間経過でこなれてくるので、時間を置いて飲んでみたい。また、その変化を狙って10年くらい瓶熟させてみても面白いと思います。