カテゴリ:
IMG_3734
MACALLAN
Royal Marriage Malt Whisky
Distilled 1948 & 1961
Bottled 1981
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅(KuMC)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:引っ掛かりがなく、高貴であり、ふくよかな香り立ち。レーズン、キャラメルバニラアイス、微かにアーモンド。

味:スムーズでまろやかな口当たり。ベリーやレーズン、カラメルソース、古典的な麦芽風味の香ばしさ、じわじわとタンニン、土っぽいピートフレーバー。余韻は甘酸っぱく、ベリーシロップを伴う長い余韻。

現行のボトルでは決して出ない、酒質由来の麦感、ほのかなピートフレーバーがリッチでありながらまろやかなオールドシェリー感と合わさって、負担のない飲み口、包み込むような旨さに仕上がっている。
このボトルを家飲み出来たらどんなに幸せだろうか・・・。


1981年、チャールズ皇太子とダイアナ王妃の結婚を祝い、双方の生まれ年の原酒をバッティングしてリリースされたボトルのうちの一つ。マッカラン以外ではグレングラントやストラスアイラなどのリリースがあり、総じて高い評価を受けています。 
ただ、高い評価を受ける反面、わかりやすく高騰するボトルであることから、オールドマッカランの中でも、特にフェイクが多いボトルの一つでもあるます。
以前、ウイスキーワールド誌でフェイク特集が組まれた際は、疑惑のボトルの一つとしてテイスティングアイテムだったこともありました。

すでに高騰している中でそういうリスクがあるとわかっていると、オークションは特にとんでもない博打というか、本当に手を出しづらい・・・一部のバーマンが海外のショップまでオールドボトルを買い付けに行く理由がよくわかります。
一方、今回のボトルのテイストは明らかにオールドマッカランのそれであり、間違いなく本物。このまろやかな口当たり、包み込むような柔らかい甘さ、シェリーの奥にあるほろ苦いピート、ウッディネスをじっくりと楽しませて頂きました。

さて、イギリス、あるいはスコットランドでは何かの節目にウイスキーが関わるシーンが珍しくありません。
子供が産まれた時にはその年(可能であればその日付)に蒸留されたニューポットを樽買いし、我が子の成人を祝って一緒に飲む。結婚となれば夫婦の生まれ年の原酒をバッティング、マリッジしてボトリングする。
ウイスキーは人間と同じと例えられる事が多くありますが、人生と同じだけの時間が詰まった原酒に、自身や愛する人の人生を重ね合せる。"時を飲む"とはまさにこれ以上にない例えであり、本当に素晴らしい文化です。

このマッカランに書かれた"Long life and happiness (末長く幸せに)"の願いは、結果的に叶うことはなかったわけですが・・・。この瞬間の幸せは、ウイスキーを通じて語り継がれていくのだと思います。