カテゴリ:
SASANOKAWA
YAMAZAKURA
Aged 9 Years
Sherry Wood Finish
Specially Bottled For Mitsukoshi Isetan
700ml 56%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml
場所:自宅(サンプル@TSさん)
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとして甘くドライな香り立ち。ザラメ、クラッカー、乾いた草っぽさとキンカンを思わせる柑橘香。徐々にスパイシーでハーブ、ジンジャーのニュアンスに古樽のえぐみを伴う。

味:甘くドライでスパイシー、少し粉っぽさを伴う口当たり。オーキーでバニラ、砂糖をまぶしたレモンピール、奥にはナッティー。
余韻はハイトーンでスパイシー、古酒っぽい樽のえぐみ、乾いた麦芽の香ばしさを伴い長く続く。

ホワイトオークで熟成されたオーソドックスな構成たる、オーキーでスパイシーな香味。クラフト系の癖も余韻に混じる。フィニッシュのシェリーカスクはサードフィルくらいの樽を使ったのだろうか、強くは主張しない。
この手の香味は突き抜けないが、安定して楽しめる。加水すると刺激が収まり、バランスが良くなる。


三寒四温、3月らしく寒暖の差が激しい日々の中で、東京では徐々に桜が咲き始めています。
今日はその桜を冠した笹の川酒造の山桜シリーズから。三越、伊勢丹の企画商品で、以前このブログでも紹介した、山桜9年カスクストレングスのシェリーカスクフィニッシュ版です。
9年表記らしく香味はフレッシュ、アルコールの刺激も感じますが、決して若いニューポッティーさがあるわけではなく、オークフレーバーの奥にはクラフトディスティラリーらしい温暖な中で貯蔵された古酒系の樽感も感じられます。

原酒構成は、その味わいからこれまでの山桜シリーズ同様、15年程度の自社ブレンド用に貯蔵してきた原酒と、新たに買い付けたものとのバッティングという印象。
一方で、ノーマルな9年カスクストレングスとの違いが、ラベルの「ジャパニーズウイスキー表記」。最近、マルスやイチローズモルト、笹の川酒造らクラフトメーカーのウイスキーは、日本で蒸留しているかどうかでこの表記の線引きをしている印象があり、ジャパニーズ表記をしているという事は、自社蒸留並びに国内調達の原酒で構成されているという事でしょうか。
ベースとなる酒質はハイランドタイプのニュートラルな構成で、国内蒸留所でこの手のフレーバーとなると。。。いくつか考えられますね。

樽構成はテイスティングの通りホワイトオーク樽のフレーバー主体。シェリーオークという名称から、濃い色合いを予想していましたが、比較的ライトカラーで、シロップのような甘みと、微かにナッティーなフレーバーが付与されている程度です。
シェリー風味を加えるのではなく、貯蔵で強く出た樽感のバランスを整えるための短期間のフィニッシュだったのではと推察します。(クラフトだと、江井ヶ島が白ワイン樽や焼酎樽で、こういうフィニッシュをしています。)

個人的にシェリー感の濃くでた味わいに温かみを感じる一方、この手のツンとしたウッディさは少し冷たいイメージを持ちます。
それはさながら今の時期のよう、風は肌寒いけれど、日差しは暖かい小春日和。ローカルネタですが、逢瀬川の桜並木、開成山公園の桜、学生時代に見た景色を思い出した1杯でした。


このボトルは、ウイスキー仲間のTSさんからサンプル交換で頂きました。綺麗な写真もありがとうございました!