カテゴリ:
IMG_3320
GLENGRANT
Aged 10 Years
1970's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml
場所:自宅(サンプル@マッスルK氏)
時期:開封後3ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(6-7)

香り:乾いた牧草、ローストしたような香ばしさ、ほろ苦い香り立ち。どこか田舎っぽさを感じさせるアロマ。時間経過でシトラスや白葡萄、洋梨などの爽やかな要素も感じられる。

味:ややドライだが、柔らかくもボディをしっかり感じる口当たり。グレープフルーツの綿を思わせるほろ苦さと柑橘系のニュアンス。白葡萄、後から乾いた植物感、粘土のような土っぽさが麦芽風味とあわせて開いてくる。
余韻は軽くスパイシー、トーストの香ばしさ、ほろ苦くビターな麦芽風味とあわせて長く続く。

少量加水すると、土っぽさと麦芽やオークの華やかな香味が開く。特に麦芽由来のバニラや粥っぽい甘さが香味の厚みに繋がり、加水してなお飲みごたえが持続する。現行品も良く出来ているが、この厚みのある味わいと独特な麦芽風味はこの当時ならでは。


グレングラントのオールドボトルと言えば個人的にはこの角瓶です。ラベルデザインは先日ストラスアイラの記事でも触れたGM蒸留所ラベルを参考にしたデザインが採用されており、最近飲み始めた方でも見かけたことがある人は多いのではないでしょうか。

ラインナップは。。。5年、8年、10年、12年、20年など短熟から長熟まで色々あり、半端な熟成年数や限定品を含めると本当に色々ありすぎて不明(笑)。
5年などの短熟はトールボトルでもリリースされ、1970年代から日本にも一部輸入されていますが、やはり流通の大元は海外。特にこのグレングラントはイタリアで高い人気があったことから、同国周りの流通品が現在もオークション等で数多く見られます。
(同時期流通、プラスクリューキャップの20年、21年。スコッチオデッセイによると、20年は当時シェリー樽の最高傑作との評価を受けていたという。)

このグレングラントの角瓶は先に書いたように本当に様々なラインナップがあるだけでなく、スタンダード品は同年数でもロット違いでだいぶ味にバラツキがある印象。
まるで人の手作りの体温を感じるような、おおらかな当時を象徴する作りですが、それでも大体のボトルで外れがなく、旨いから良いだろ?細かいことは気にするな、という味わいが、このグラントを飲む楽しみだったりします。

それこそ、今回テイスティングしたボトルも、以前飲んだものと比べて。。。だったり(笑)。
このボトルはウイスキー仲間のマッスルKさんが「良いグラントの当たった」と送って下さったモノ。
グラントの味わいとダブルで暖かさを感じる夜のひとときでした。