カテゴリ:
IMG_3003
DALMORE
Years 12 Old
Pure Malt (Single Malt) Scotch Whisky
1980-1990's
43% 750ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6ー7) 

香り:ほろ苦いカラメルソースとビターオレンジのニュアンス、ライ麦パンを思わせる麦芽香に加え、内陸のスモーキーフレーバーを伴う香り立ち。最初はスーッとするアルコールの刺激もあるが、スワリングしているとオールドシェリーや麦芽の甘いアロマも開いてくる。

味:まろやかでややオイリーな口当たり。香り同様ほろ苦いカラメルソースのニュアンス、オールブラン、奥には白葡萄を思わせる果実味。中間からじわじわとピートが存在感を増していく。
注ぎたては若干青みがかった植物を思わせるクセのあるフレーバーもあったが、時間経過で麦芽風味主体のスウィートな甘みに変化。余韻はややスパイシーでドライ、オレンジママレードを思わせる甘みとほろ苦さが長く続く。

素直に良いと言える面と、少々クセのある面が混在しているモルト。加水すると香味が開き、特に味は品の良いシェリー樽のフレーバーも感じられる。一方、ハイボールは青みがかった植物感がメインになり、好みを分ける印象も。


1980年代から1990年代初頭にかけて販売されていた、ダルモアのスタンダードボトル。海外流通品に加え、日本にもホワイト&マッカイと合わせてソニーが輸入していたので物量が多く、リユース市場では良く見かけるオールドモルトの一つとなっています。

大雑把な見分け方は・・・これはもはや解説の必要は無いですね。1970年代はダンピー気味のボトルで、1990年代以降以降も現行品のデザインでダンピー気味なボトルへとシフトするため、まず間違えることはないと言えます。
しかしながら、同じトールボトル時代でも時期によってデザインに微妙な違いがあり、味も違う印象であるため注意が必要です。

大きな違いは、メインラベルの表記。
今回のボトルは写真(上)の"DALMORE"下部分は「SINGLE HIGHLAND MALT」表記となっていますが、これが「PURE MALT」表記のボトルも存在します。
スコッチウイスキーの歴史に照らし合わせると、PURE MALT表記のほうが古い時代に使われていたケースが多いことを考えると、今回のボトルは1980年代後期のボトルと推察されます。

IMG_3005

一方で、ネック部分はPure Malt表記が残っていて、Single Malt と併記になっていたり。逆にPURE MALT表記時代のボトルにも「Highland Single Malt」表記が併記されていたりで、ルールが曖昧だとこうなるという、スコッチウイスキーのおおらかな時代を垣間見れるデザインでもありました。

そんなダルモアオールドボトルですが、香味については評価が難しいボトルという印象です。
内陸系のピートに、まろやかで厚みのある長熟にも耐える酒質。当時らしいオールドシェリーのフレーバーもあって、ここまでならもっと評価されても良い構成。しかしSingle Malt表記時代の方が強く感じられる草っぽさ、オイリーなニュアンスなど、他社ハイランドモルトにも見られる一癖ある部分をどう捉えるかで、多少評価が分かれそうです。