カテゴリ:
IMG_2609
LAPHROAIG
Aged 25 Years
2015 Cask Strength Edition
Cask type Aloroso Sherry & American Oak
700ml 46.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml+α
場所:持ち寄り会@蕎麦屋
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:しっかりとヨードを含むスモーキーなピートフレーバーと、微かにチーズのような酸味。スワリングするとレモンやオレンジの砂糖漬けを思わせる甘さと皮のほろ苦さ、柑橘系の爽やかさを伴う熟成香。奥には木材の焦げたようなニュアンスも感じられる。加水するとバニラや乾いたオークフレーバー、塩素っぽさもある。

味:とろりとコクのある口当たり、ヨードを伴うピートフレーバーと共に、蜂蜜レモン、グレープフルーツ、土っぽさ、じわじわとナッティーで香ばしいピートスモークが鼻腔に届く。ボディは厚く、フレーバーは濃縮されて実に複雑。
余韻はスモーキーで序盤に感じられたヨード香がそのまま残り、ほろ苦くピーティー。
加水するとピートフレーバーは柑橘系のフルーティーさが強く感じられる。また、ドライでウッディーなニュアンスも余韻にかけてはっきりと感じられ、全体的にフレーバーが伸びてくる。

ストレート、加水共に良く出来ており愛好家卒倒の1杯だが、実はお湯割が旨いという一面も。熟成でカドが取れているためアルコールの揮発は柔らかく、口に含むとピートスモークとヨードがふわりと開いてなんとも言えない酔い心地に。。。

都内某所、蕎麦屋での日本酒会で出会った1本。ラフロイグが最近ほぼ毎年リリースしている、カスクストレングスの長期熟成版。現地を中心にリリースされているボトルですが、毎年平行品が少量日本市場にも流通しています。 
この25年、2014年リリースも美味しいは美味しいのですが、全体的に輪郭がはっきりしないというか、それほど高まらないボトルだったのに対し、今回の2015年は樽感とピート、そして熟成感を感じるフレーバーの凝縮感が素晴らしい。近年ボトルらしく若干の荒さも感じられますが、それでも前年と比べワンランク上の仕上がりとなっています。

原酒のベースは1980年代後半から1990年ごろの蒸留。フルーティさがはっきり出ていた時期の原酒に、樽の出方はリフィルオーク系で、原酒そのものの香味を後押ししており、バランスは良好です。
よくよく考えてみれば、2015年はラフロイグ蒸留所200周年の年だったわけで、気合が入っていないワケがないですよね。
バイセンテナリーリリースは15年、21年、32年と、どれも愛好家を唸らせてきましたが、この25年もまったく見劣りしない。むしろ、60~70年代蒸留寄りのフルーティーで長熟らしく落ち着いた32年の系統ではなく、15年や21年のベクトルで、完成度の高い香味が感じられるように思います。
言わば、もう一つの200周年記念ボトルの形・・・と言って良いかもしれません。いやぁ~これはグットリリースです。

他方、そんな秀逸なボトルを、ロックでも加水でもなく、よもやお湯割りで呑もうなんて・・・と初めて聞いたときは驚きました。
しかしボトル持ち主であるS兄さんオススメとあれば、試さないワケにはいきません。
旨い、確かに旨い。そしてこの背徳感。体中にヨードを含むスモーキーフレーバーと、バニラや柑橘系の甘みが染み渡っていくようです。
暖かいラフロイグがこうも旨いとは。。。っていうかこんなこと私の頭じゃ思いつきませんし、思いついてもまず実行しません(笑) 

素晴らしいラフロイグとの出会いに感謝すると共に、新しい飲み方も、まだ寒さの続く今こそ別なラフロイグでも試してみたいです。