カテゴリ:
IMG_2951
NIKKA WHISKY
Rare Old
Finest Malt Pot Still
1950's
500ml 37%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後2年程度
評価:★★★★(4)※
※香味は参考程度

スーッとしたアルコール感にザラメを思わせる甘さのあるアロマ。やや甲類焼酎やウォッカにも共通するニュアンス。口当たりは甘みがあまり無く、プレーンで序盤はウォッカのようだが、徐々に干し藁を思わせる軽い香ばしさ、ピートを思わせるほろ苦さがピリピリとした刺激と共に余韻で開いていく。
決してウイスキーとしておいしいと言えるボトルではない。日本のウイスキー史を学ぶ上での教材ボトルであり、香味については参考程度として楽しむ1本。


ニッカウイスキーの歴史を語る上で、避けては通れないレアオールド角瓶。今回のボトルの解説をするためには、話を1940年まで遡る必要があります。
1934年、竹鶴政孝が北海道余市に蒸留所(大日本果汁株式会社)を創業、その後1940年に第一号ウイスキー・レアオールド角瓶を発売、これが今回のボトルにも使われている"ニッカウイスキー・レアオールドラベル"の系譜の始まりとなります。
第一号ウイスキーは発売直後に勃発した太平洋戦争などの影響から一般市場にほとんど出回ることなく歴史の闇に消え・・・1950年、酒税法改正により公定価格が廃止される中、経営基盤を作るために竹鶴政孝が涙を飲んで3級ウイスキーの発売に舵を切ります。

「わしゃこんなもん出さんぞ」
このあたりのストーリーは、ドラマ・マッサンでも語られた話であるため、ご存知の方も多いかと思います。
こうして発売されたのがニッカウイスキー・スペシャルブレンデッドウイスキー(丸瓶、角瓶、ポケット瓶)であり、今回のレアオールド角瓶(新角)です。
前置きしたように、ラベルの表記が「Rare Old NIKKA WHISKY」で統一され、デザインもラベルサイズ程度しか変わらないため、パッと見では蒸留所に展示されている第一号ウイスキーに見えますが、実際は発売から10年後のボトルということになります。

(画像引用:ニッカウイスキーデータベース、読売新聞1951年12月12日紙面よりhttps://www59.atwiki.jp/nikka/sp/pages/403.html)

ニッカの3級ウイスキー発売に当たっては、「原酒は上限の5%まで入れる」「着色用のカラメル色素は自社で製造」という話が有名です。
今回のボトルは1952年の酒税法改正(3級表記→2級表記)と、本社が日本橋に移転した後の1953年以降のボトルではありますが、上限いっぱいまで入れるという企業方針は変わっていないようで、口に含むとザラメのような甘さ、甲類系のブレンド用アルコールの風味が主体的ではあるものの、余韻にかけてはスモーキーでピーティーなほろ苦い味わいが淡く残り、当時のジャパニーズらしい時代を感じさせる風味とあわせて、竹鶴政孝のこだわりを体感することが出来ます。
IMG_2965
(ハイボールについても当時のウイスキーらしく飲みやすさ重視で、黎明期の味わいだが、ストレート同様にほのかなピートフレーバーが余韻にかけて感じられる。)

このボトルは東日本大震災で被災した、とある酒屋に眠っていたという1本。外観はつい先日作られたかのように美しく、発売から半世紀を越えているとは思えない状態を保っています。
我が家にこのボトルが巡ってきた縁に感謝しつつ、ウイスキー仲間とのイベント等で興味関心を持っているファンに飲んでもらえるように使っていきたいと思います。


ご挨拶:新年明けましておめでとうございます。今年の1発目はニッカ第1号。。。とはいきませんでしたが、その系譜からスタートです。
本年もよろしくお願いします!