カテゴリ:

The MACALLAN
Highland Single Malt
Aged 18 Years
Distilled in 1997 and in earlier years 
(Bottled 2015)
43% 700ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み(Ambrosia)
量:30ml
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:最初は淡い硫黄とゴムっぽさ、かりんとうを思わせる甘み、アーモンド、スワリングしてると華やかでドライフルーツのアロマ、プルーン、デーツ。若さは感じないが少し奥行きに軽さを感じる。

味:ウッディでドライな口当たり。やはり香りで感じたようにコクが少なく、樽材のえぐみ、タンニンの渋みだけは感じられ、キャラメリゼしたクッキー、ドライプルーンを思わせる甘みから、ほのかに硫黄を伴う緩いボディ。
余韻はドライでナッティー、序盤から続くウッディネスと混じる生木っぽさが染み込むように残る。

特に味に関してあまり美味しくなさそうに見えるノートになってしまったが、それでも意外と飲めてしまうのが18年という熟成とマッカランの凄さか。
今回は口開けだったので、今後奥にあるドライフルーツの香味が開き、良い変化が起こることを期待したい。


2015年のロットにあたるマッカラン18年の1997年蒸留中心のロット。
以前書いた記事にも掲載していますが、18年に蒸留年が記載されているのは2015年まで。原酒不足のためか、味に深みを出すためか、または単に記載を改めるように協会あたりから指示されただけか、2016年ロットから表記を改め、ボトリング年の表記に変わっています。
単一ビンテージ表記から、メインビンテージ表記、長きに渡り続いてきたマッカランの伝統の一つに、終止符が打たれてしまいました。

その最後のマッカラン、味わいを一言で表現するなら、時代は変わってしまった、ということ。
かつて若々しかった人も、歳をとるにつれてシワが増え、肌に艶も無くなっていく。
リッチででまろやかでコクがあってフルーティー・・・そんな古き良き時代のマッカランからすれば、このマッカランはまるでその時代の出涸らしで抽出したよう。マッカランではあるのですが、自分の知っているマッカラン18年ではないと感じるのは、そこに過去の姿を重ねてしまっているからでしょう。

なんてセンチなことを書いてしまいましたが、現在の市場にあるボトルから比べて見ても決して不味いワケではありません。先に書いたように不思議と飲めるバランスも感じます。
ただ、時代が、置かれている様々な環境が変わってしまっただけなのです。

18年の香味を直近2010年からのリリースで辿るだけでも、徐々に樽由来の甘みやコクが少なくなっていることは明白で、大量生産に伴い樽で苦労している感が色濃く伝わってきます。
今回の表記変更が、マッカラン18年の味わいをどう変えていくのか、新しいロットも追ってテイスティングしたいと思います。