カテゴリ:
image
TALISKER
Aged 25 Years
Distilled 1975
Bottled 2001
Natural Cask Strength
One of only 6000 Limited Edition
700ml 59.9%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
時期:1~2年程度前
評価:★★★★★★★★(8)

香り:最初は焦げたようなスモーキーフレーバーとレザーを思わせる香りが主体だが、徐々に黒土、林檎のカラメル煮を思わせるエステリーな熟成香、乾いた木のようなハイトーンなアロマも広がる。
少量加水すると陶酔感のある熟成香が開き、ヨードを伴うスモーキーさと、土っぽさ。焼きドーナッツのような甘い香りが鼻腔を擽る。

味:強いコクとタールを思わせるパワフルな口当たり。厚みのあるボディに古酒系のカラメルやウッディーなニュアンス。香り同様のエステリーさ、アプリコットジャム。余韻はややドライでスパイシーでスモーキー。どっしりと存在感のあるピートフレーバーが長く続く。
少量加水するとフレーバーが伸びて一体感が増す。特に熟成感が全体をカバーして、まろやかでコクのある味わいと、それでもなお存在感のあるスモーキーフレーバーが堪能できる。

余韻にかけてのフレーバーの広がりが素晴らしく、特に加水後の味わいは昔のオフィシャルスタンダードに通じるものがある。
ハイボールにしてみるとヨードが強く磯っぽさが混じるが、ボディの厚みが炭酸を受け止めコクのある甘味、スパイシーさも失われず美味。
お久しぶりのタリスカー・リミテッドエディション2001年リリース。
タリスカーはボトラーズに加えてオフィシャルから2000年以降ほぼ毎年リリースされるリミテッドリリースが潤沢にあり、1970年代後半からのキャラクターに触れる機会が多かった蒸留所であると言えます。

その構成はディアジオ(かつてのUD)らしく、リフィルシェリーでプレーンな樽感。同じリミテッドの20年がシェリーのしっかり効いたタイプでしたが、25年は総じて樽感はあまり強くなく、麦芽由来の酸味、ピート、パワフルでスパイシーでコクのある酒質由来の味わいを感じるボトルが多い印象。
今回紹介する2001年リリースの25年は、そうしたプレーンな構成に加えてシェリー感の残っている樽も使われたようで、うっすらとシェリー、後は微かにチャーオークのニュアンスも。それらはストレートでは少々チグハグな感じもしましたが、加水すると一気にまとまり、スモーキーで陶酔感を感じる素晴らしい味わいに変化します。

1975年というと、現在高い評価をされているオフィシャルボトルの蒸留時期ですから、そのポテンシャルも納得です。
むしろ探せばまだ飲めるこのボトルは、かつてのタリスカーの魅力を学べる教材としても、ここ最近で飲み始めた人達にオススメしたいですね。
現在の相場は決して安価とは言えませんが、度数も高くヘタっている度合いも少ないでしょうし、それこそTDやJWラベル時代のオフィシャルを買い求めるよりは。。。