カテゴリ:

GORDEN HORSE
MUSASHI
Pure Malt Whisky
43% 700ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml
場所:自宅(サンプル@Yさん)
時期:開封後2~3週間程度
評価:★★★★★(5)

香り:蜂蜜レモンの甘みに干草を思わせる乾いた植物感を伴う香り立ち。ほのかにハーブのような爽やかさ。徐々にオーキーで華やかなパイナップルなどのドライフルーツを思わせる樽香も開いてきて、加水するとややケミカルなニュアンスが開く。

味:コクのある口当たり、レモングラスの爽やかなフレーバーを一瞬感じた後で、徐々に麦芽系の香ばしさへ。若いニュアンスはあるものの、嫌味は少なく味の厚みもある。加水すると麦芽風味やバニラ、蒸かした栗のような甘み、ピールのようなほろ苦さも。
余韻はほのかにスモーキーでほろ苦く、オールブランシリアルを食べたようなしっかりとした味が長く残る。


さて、前回に続いてゴールデンホースの新商品、ピュアモルトの武蔵です。
東亜酒造についての話は、武州並びにゴールデンホースリリース再開の記事で散々書いているのでここでは割愛。詳しくは関連記事をご確認ください。

このピュアモルト武蔵の構成は、スコットランドからの輸入原酒。体感で8年程度の熟成のバルクモルトウイスキーで、ピートやヨードといったアイラ要素はなく、ハイランド系の穏やかな酒質を連想します。
個性的ではありませんが、モルティーで徐々に開いてくる華やかなオークフレーバーなどもあり、ストレートで楽しめるモルトウイスキーに仕上がっています。
また、先に武州を飲んでいたからでしょうか。武州と同スタイルの原酒傾向を感じる味わいでもあり、テイスティングしながら現在のゴールデンホースの製造環境を垣間見ることもできました。
おそらくブレンデッド武州は、この武蔵の原酒をトップドレッシングとして使ったのだと推察します。 

なお、ブレンデッドの武州はどのような飲み方にもマッチするように感じましたが、ピュアモルトの武蔵はロックやハイボールにすると若さ、特にハイボールでは酸味が強く出て、やや若い原酒のえぐみも感じられます。
オススメの飲み方はストレートか少量加水まで、ですね。