カテゴリ:
IMG_2742
LONGMORN
Old Malt Cask
Special Cask Selection
Aged 15 Years
Distilled 2000
Bottled 2016
Cask type Refill Hogshead
700ml 55.9%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み(Gosse)
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6-7)(!)

香り:華やかな香り立ち。オーキーでバニラ、洋梨、ほのかに白桃のニュアンスも漂うフルーティーなアロマ。徐々に干し藁を思わせるウッディネスも。

味:コクのある口当たりからしっかりと濃い麦芽風味と華やかなオークフレーバー。薄めた蜂蜜、りんごのコンポート、余韻にかけてナッティーなフレーバーがアクセントに。
余韻は軽やかなスパイスとウッディネス、ドライパイナップルを思わせるオーキーなフルーティーさが長く続く。


これは中々良い出来のロングモーンです。
香味は1960年代のトロピカルフレーバー・・・なんていうことはなく、あくまで近年系の範囲にある構成ですが、飲み口にしっかりと麦芽風味とボディのある酒質で、後半にかけてフルーティーさが乗ってくる。このフルーティーさが、ただオーキーでドライなだけではなく、ナッツや蜂蜜の甘み、ほのかな酸味を伴っており、使われた樽そのものの良さも感じます。
結果、土台がしっかりしているから、香味も浮つかずに生きてくる、相乗効果で複雑さに繋がっている好印象なボトルです。

1990年代のロングモーンは軽いボディに樽感主体で、外さないけどそこまで高まらない、「またこんな感じね」なんて印象を受けていたのもあって、このボトルには素直に飲む喜びがありました。
それこそ最近だと、NAになったロングモーン・ディスティラリーチョイスなど、華やかだけど味わいは非常に軽いもの。ハイプルーフはどうかというと、味は安定して悪くは無いのですが、突き抜けないというか、軽いボディとピリピリとした刺激からローランドモルトかと思ってしまうボトルもしばしば。 

なお、OMCラベルで近年モノだと敬遠されがちなんでしょうか。日本市場向けのボトルなので本数が多いのもあるかもしれませんが、リリースから日が経ってるにも関わらず、まだ買えるところもあるようです。
価格も12000円前後と決して高くなく、現行品のスペイサイドで、手頃に美味しく飲み応えのあるボトルを選ぶなら、このOMCロングモーン15年は選択肢に入ると思います。

それにしてもこのカスクを選定したJISさん、流石の一言です。 
今後も今回のようなグットリリースをよろしくお願いします!