カテゴリ:
STEWARTS
CREAM OF THE BARLEY
Special Reserve Sctoch Whisky
1970-1980's
1000ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
時期:開封後3〜4ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:黒砂糖やカラメルソースを思わせる香ばしく甘いアロマ、ほのかな酸味。時間経過でチョコクッキー、グレーンの穀物感も顔を出す。

味:リッチな甘くビターなフレーバー、カラメルソース、黒糖ふ菓子、ローストした麦芽、徐々に軽いスパイス。
ボディはやや軽いが味はしっかりと濃く、余韻はビターでカカオチョコを思わせるウッディネスが長く続く。

キーモルトはグレンカダム。テイスティングコメントに加え、ボトルの色合いから伝わるようにオールドシェリーのカラメルソースを思わせる甘みがしっかりとあるボトル。
飲み方はストレートかロックで。ハイボールは薄くなった甘みがややアンバランスに感じられる。

以前1970年代流通のスチュワート・ダンディーを飲んだところ、その芳醇なオールドシェリーの味わいにぐっときて状態が良さそうな個体を探して買い求めたもの。
免税向けと思しきリッターボトルで、時期的にはスチュワート・ダンディーの1世代後になるでしょうか。個体差かもしれませんが、以前テイスティングしたボトルと比較してボディが少し軽いように感じます。
ただ、味わいはの濃さは同じくらいは感じられ、こってりと甘いオールドシェリーを思わせるボトルとなっています。

正直この銘柄はサンプルケースとなる流通量が少ないため、見分け方ははっきりとわかっていないものの、1980年代に入り今回の黒いラベルから白地のラベルがリリースされ、中身の色もカラメル系の濃い色合いから琥珀色、ノーマルなウイスキーカラーへと変わる時期があります。
また、1980年代後期から1990年代にかけてはロイヤルスチュワート12年なる銘柄もリリースされた模様です。

先に書いたように国内市場の流通量は多くなく、知名度も低いためオークションでもたまに見かける程度。価格もそれほど・・・ではありません。
甘口ブレンデッド好きな方にはいいかもしれませんね。