カテゴリ:
IMG_2513
PURE MALT
BLACK
Nikka Whisky
1980's
500ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:若い酸味を伴うスモーキーで磯っぽさ、ヨードの混じる香り立ち。干し藁、魚介のニュアンスに塩素、奥にはバニラの甘み。
最初はリッチでパワーのあるアロマだったが、時間経過で軽さを感じる。

味:香り同様酸味と少しエッジの立った刺激のある口当たり。中間は白かりんとうのような香ばしい甘み。奥から海苔のような若干の癖、強いピートフレーバー、余韻は焚き火を思わせるスモーキーさ、焦げたほろ苦さが長く残る。

現行品もコスパに定評があるピュアモルト黒だが、特級時代はキャラクターがアイラ寄りで、ピーティーでスモーキーな個性がいい意味で驚きに繋がる。ロックやハイボールも多少チグハグさがあるが悪くない。

ニッカウイスキーが1984年に発売したピュアモルトシリーズのブラック。黒、赤、そして遅れて白がリリースされ、どのボトルも若い原酒と適齢を迎えたモルティーな味わいが混在しており、ややアンバランス・・・というか荒さを感じつつも、中々面白いモルトに仕上がっています。(先日のオールドブレンデッド会にボトルを出しましたが、総じて好評だったようです。)

今回テイスティングしたブラックは、メーカーコメントでは「余市モルト」をベースにした個性を際立たせているもの。しかし飲んでみるとカリラを思わせるニュアンスが随所に感じられ、今のピュアモルトとはずいぶんキャラクターが異なるイメージです。

当時はシングルモルトでスコットランドからモルト原酒買い付けが出来た時代(現在はバッテッドモルトはまたはブレンデッドで可)。同時期のピュアモルトシリーズのホワイトは「アイラモルトをブレンド」したことを売りにしており、実際飲んでみると1980年代蒸留のボウモアにあるフローラルなフレーバーがしっかり感じられるわけですが、同じようにカリラが使われていたとしても不思議ではありません。

ちなみに、当時のニッカ(あるいは某広告代理店)は、これをハイランドモルトとして売りに出していたわけですが・・・この系統でハイランドっていうのは、同系統だとブローラあたりしかないわけで、無理があるんじゃないかと思ってしまいます。
中古市場では比較的安価で手に入るボトル。見かけたら試してみてください。