カテゴリ:
IMG_2353
BALLANTINE'S 
Aged 12 Years 
Very Old Scotch Whisky
1960's 
760ml 43% 

グラス:木村硝子
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:カステラやスポンジケーキを思わせる甘いアロマ、乾いた穀物のほろ苦く香ばしいニュアンス、土っぽいピートフレーバーが開いてくる。奥にはエステリーなリンゴなどを思わせる熟成香。アルコールの立ち具合、ヒネの少なさ、非常に状態が良い。

味:スパイシーな麦芽風味、香ばしさとほろ苦さに加え、蜂蜜を思わせる甘みも感じる。香り同様徐々にエステリーで、中間からは土っぽさと染み込むピート。余韻はスモーキーで麦芽、干し藁を思わせる乾いたほろ苦さが長く残る。

多くのウイスキードリンカーを虜にする、バランタインの赤青紋章時代。個人的にはバランタイン沼の入門ボトル。ストレート以外の飲み方は、ロックはあまりプラスに感じる要素はないものの、少量加水、ハイボールは良い仕事をしてくれる。


あれ、似たようなボトルを前にもこのブログで見たぞ、という読者の方、いつも閲覧頂きありがとうございます。
先日バランタイン12年の1970年代流通を掲載しましたが、この2本は時期によっては表ラベルの1箇所を除いてデザインが同じなので、パッと見同じモノに見えるのです。

その違いは、これもこのブログを閲覧頂いている方々には冗長な話ですが、バランタイン表記を何年使っているかを書いた IN USE FOR OVER XXX YEARS ESTABLISHED 1827 のXXXに135が入るか、145が入るかという違い。1970年代でも後期ではBallantine'sの下にあるTWELVE YEARS OLDの表記が微妙に下にずれたりして判別しやすくなりますが、オークションでこの箇所が欠けていたり見えなかったりすると、「どっちだ・・・」と中々悩ましいことになります。
その他、写真のようにボトル背面にBallantine'sの加工がされているので、これがあれば1960年代流通は確定なのですが、なかなかここまで見せてくれないんですよねぇ(笑)
IMG_2355

見分け方はこのくらいにして(というかもうお腹いっぱい)、香味の比較に移りましょう。
1970年代と比較すると、今回は年次が近いロットであるためか60年代のほうが香味に厚みがあり、特にピートはどっしりとしていますが、70年代も同様の構成で、よりハイランド的なモルティーさにバニラっぽい甘みを感じます。
原酒の蒸留時期は流通時期から逆算すると1940年代から50年代。第2次世界大戦中は石炭の価格高騰からピートを使用する蒸留所が増えたというだけでなく、そうでなくても古くはスペイサイドもハイランドもピーティーな原酒が多かったわけですから、今回のボトルのどっしりと存在感のあるピートフレーバーは、そうした時代背景によるものかと、当時のスコッチモルトのスタイルを感じることが出来ます。

17年以上のバランタイン1960年代流通は中々手も出しづらいですが、12年はそこそこ物量も多くまだ手に入りやすいボトル。興味がある方は是非今のうちに。