カテゴリ:
IMG_2240
KIYOSATO FIELD BALLET
25th Anniversary
Pure Malt Whisky
Suntory
2014's
700ml 48%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y’s Land IAN)
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:ウッディで華やか、バニラの甘みにアプリコット、梅、オレンジなどを思わせる酸味を伴う熟成香。リッチなアロマ。
グラスの残り香はクリーミーで甘酸っぱい。

味:スムーズで華やか、とろりと複雑で厚みのあるバッテッド。アプリコットジャム、乾いた麦芽、おしろい、砂糖をまぶしたオレンジピール、鼻に抜ける香木のアロマ。
余韻は徐々にウッディ、オーキーで華やかで微かにスモーキー。ドライでジンと痺れを伴うがしっかりと残り長く続く。


山梨県北杜市の"萌木の村"で、毎年8月の2週間だけ開催されているバレエの野外公演、"清里フィールドバレエ"の25周年を記念し、サントリーの輿水精一氏に依頼して作られたオリジナルブレンデッドモルトウイスキーです。
中身は1990年代蒸留の白州を中心とした構成で、体感的には20年前後の熟成となるバーボンバレル、ホグスヘッド系の原酒がメインに使われているように思います。ジャパニーズらしくというかサントリーらしいオーキーでリッチ、多彩な原酒が織り成す複雑さと甘酸っぱく熟成感のある味わい。そこに加水が加わって、バランスの良い香味が楽しめます。

このブレンドを作成するにあたっては、同氏が"清里フィールドバレエ"のイメージを膨らませて作られたとのことで、ラベルはプリントではなく表面を削る加工で、夏夜の月灯りの下、風に揺れる木々と舞うバレリーナの姿が描かれています。
あまり比較する意味は無いですが、清里フィールドバレエシリーズは、このボトルを皮切りに3種類リリースされていますが、初版のこのボトルが一番美しいデザインだと感じます。

このフィールドバレエ25周年記念リリースは、対外的に販売された26周年、27周年と異なり、懇意の関係者に販売された以外は、萌木の村でしか飲めないボトルでした。それがこのたび、諸事情により三越前のBAR IANにて開封、置かれることとなりました。
おそらく、このブレンデッドモルトを都内で飲むことが出来るのは、IANさんだけでしょう。

気になっていたボトルだったので、テイスティング出来て良かったです。
今回は口開け近くで様子見のハーフショットテイスティングでしたが、時間をおいてもう一度飲んでみたいと思います。