カテゴリ:
IMG_2124
CUTTY SARK 
(CUTTY 12)
Blended Scots Whisky
Aged 12 Years
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★(5)

香り:薄めたメープルシロップや鼈甲飴、穀物を思わせる甘いアロマ。乾いた牧草、ハッカ、ほのかにシップのような薬品香が混じる。少量加水するとさらに甘さが広がる。

味:甘みと軽やかにスパイシーな口当たり。穀物を口に含んだような香ばしさ、麦芽風味、そしてメープルシロップを思わせるしっかりとした甘みが広がる。余韻はほろ苦くスッキリとしている。


カティーサークの上位グレード、カティ12の12年。同ボトルは既に1970年代をこのブログで紹介済みであると共に、その他のBBR系列のブレンデッドも掲載しており、身の上話は今更という感じでは有りますが、自分の復習も兼ねてもう一度。

現在はボトラーズとして有名なBBR(BERRY BROS & RUDD)は、グレンロセスなどをキーモルトとして、カティサーク、ベリーズ、セントジェームスなどのブレンデッドを展開していました。
シングルモルトウイスキーのボトラーズリリース的なものも行っていましたが、主力はブレンデッド。その中でもカティサークは、禁酒法開けのアメリカ市場向けにブレンドされた位置づけの強いもので、癖の少ないライトな味わいが特徴です。

1970年代頃に12年が誕生し、カティサークがライト&スムーズでノンカラメルというBBRらしい手法を拘りにしていた反面、12年はリッチでメロウなタイプ。
名前をCUTTY12と表記していたのは、そうした方針の違いから別銘柄を意識していた・・・のでしょうか。
1980年代流通もその系譜を受け継いでおり、ややグレーンが強くなって単調気味な印象はありますが、オールドブレンデッドらしい古酒系の甘みのある味わいと、原酒由来のほろ苦さが引き続き楽しめます。

IMG_2121

1970年代流通とのラベルの違いはいたって簡単、帆船に赤い12の文字が書かれ、キャップが金色であるかどうか。オークションではサムネイル画像だけでも判定できる、違いの大きなボトルです。
また、こうして見比べてみると、1970年代には12年表記があるのに対し、1980年代はキャップシール部分に移っています。
このシールは開封すると取れてしまうので、なくなったら何年ものかわからない、今やったらスコッチ協会のラベル審査でハネられるであろうデザインだと感じます。
       
正規輸入元であるカティサークジャパンの働きで国内に流通した本数が多いこともあってか、70年代含め安価に設定されることが多いボトルです。オールドブレンデッド入門の1本として飲んでみて欲しいですね。