カテゴリ:
IMG_1938
JOHNNIE WALKER
SWING
Blended Scotch Whisky
(No Aged)
1970-1980's
43% 750ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:カルメ焼きのような甘い香り、みたらし、麦芽に干し藁を思わせる苦味、微かにハッカのような爽やかなアロマ。スワリングすると甘いアロマの裏側にりんごのカラメル煮やスモーキーなニュアンス。時間経過でおしろいのような麦芽香、スモーキーさが強くなってくる。

味:とろりとした口当たり、安い蜂蜜やシロップを思わせる強い甘さ、麦芽風味、ピリッとした少量のスパイス。後半にかけてはじわじわとカカオを思わせる苦味が出てきて甘みを苦味が押し戻していく。
余韻はビターで焦がしたキャラメル、内陸系のほのかなピートフレーバー。口の中に張り付くように長く残る。


自分のターニングポイントとなった、ジョニーウォーカースイングのオールドボトル。
今回開封したボトルは、免税向けと思しき1970年代後半から1980年代前半あたりにかけて流通した1本です。
ウイスキー飲み始めの頃、自分をウイスキー沼に引きずり込んだのが国内正規品の760ml表記、1970年代流通。今回開封したものとは微妙に違いますが、「なんじゃこりゃ?」と感動した、"古酒系の甘み"はこのボトルでも強すぎるほどに感じられます。

キーモルトは当時の所有蒸留所で考えるとモートラック、カーデューでしょうか。現行品に比べると味に奥行きがあり、いろいろと濃いです。
ただこの年代の特徴としてピーティーな原酒があまり使われていないのか、60年代から70年代初頭にかけて流通したコルクキャップに比べ、随分甘みが強調されるような構成になっています。
80年代後半、UD社へと取り扱いが変わったと合わせてボトルデザインが変更された後は、原酒構成が変わったのか、それとも単にブレンデッドスコッチ全体の流れか、カラメル系の甘みが薄くなり、辛味、そしてピートを感じるようになったと・・・この辺は1990年代のスイングを記事にした際にも書いてますね。

かつての自分には衝撃的な古酒系の甘みですが、今こうしてオールドブレンデッドを定期的飲んでみると、逆にアンバランスに感じてしまい、ストレートでは中々杯が進みません。
甘みに対し、もう少しピートも強ければ良いのですが、甘み→麦芽→苦味と来た後、残る苦味が序盤の甘みを越えず、大味に感じてしまうのです。
当時はこれを船の上で飲んだようですが、寒い地域ならともかく、暑い赤道付近の航路では・・・ストレートで飲むのは流石につらいかなあ(笑)
IMG_1950

そんなスイング70-80年代のオススメの飲み方はハイボール。甘さが整えられて全体のバランスが良くなり、原酒も当時のラインナップでジョニ黒より上位(価格では)だったこともあってか、若いトゲトゲしさも感じず、スムーズでグイグイ飲めてしまいます。
昨晩は映画を見ながら気がつけば2杯、しまった、翌日は朝から野球だってのに(汗)

スイングのオールドボトルに出会ってから今年で7年。
これより好みのボトルはいくつもあり、先述のようにストレートではそこまでツボにきてるボトルでもないのですが、こうしてたまに飲んでしまうのは自分にとっての特別な1本ということなんですね。