カテゴリ:
HAIG
BLENDED SCOTCH WHISKY
1970's
4/5Quart 86proof 
(43% 760ml) 

グラス:メーカー不明
量:30ml程度
場所:Bar Regalo Akasaka
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:みたらしやカラメルソースを思わせる、コクのある甘い香り立ち。微かに乾いた植物、モルトスナックの香ばしさ、オールドらしくしっとりとしたピートフレーバー。

味: まろやかだがサラサラとした硬質感のある口当たり、フレーバーは香り同様の構成で、古酒系のカラメル、みたらし、乾いた麦芽、砂糖をまぶしたオレンジピール。余韻は軽くスパイシーでスモーキー。どっしりと存在感のあるオールドピートがいかにも時代を感じさせる。


個人的にはオールドブレンデッドの基本形の一つと考えている、ヘイグの1970年代初頭流通品。
この時代はキャップ形状が独特なので、見分けがつきやすいですね。
キーモルトはグレンキンチーにグレンロッシーと言われており、ハイランド系のスモーキーさにコクのある味わいがグレンロッシー由来、そこに軽やかなスパイシーさや麦芽風味がキンチー由来か。
個人的に1960年代蒸留のロッシーもキンチーもボトラーズを中心に何度か飲んでいますが、それらはどれも出来が良く、オールドのヘイグやピンチが旨いのも納得です。

様々な種類があるオールドブレンデッドですが、その中でもヘイグはバランス型のスタンダードタイプという位置付け。
こってり系のジョニー、華やかなバラン、スモーキーなホワイトホース、ライトなカティサーク、そして平均的なヘイグ。
オールドボトルのブレンデッドを経験する上で、この辺を飲んでおけばだいたい好みの傾向はフォローできるのではないかと感じています。

ヘイグ1970年代初頭流通の特徴はキャップと書いた通り、樹脂系の丈の長いスクリューキャップが採用されています。
この後1970年台後半あたりからメタルスクリューキャップとなり、1980年代に750mlサイズになり、最後はブラウンダンピーへとボトルが大幅にチェンジして、特級時代を終えます。

なお今回のボトルよりも古い1960年代は、同じキャップ形状ながら5スターの★が直接プリントされており、さながらドラゴンボールのようなボトルデザインで、オールドボトル好きはそそられるものがあると思います。
ただこのキャップ形状のボトルは裏面が金属張りで、金属臭個体はある程度覚悟が必要です。