カテゴリ:
IMG_0518
LAGAVULIN
White Horse Distillers
Aged 16 Years
1990's
43% 1000ml

グラス:SK2
量:30ml程度
場所:自宅(持ち寄り会@Mさん)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:落ち着いたスモーキーさ、ナンプラーのようなヒネとこなれた香り立ち。古物店を思わせるような古びた木材の香り、昆布だし、海辺のウェアハウス。徐々に麦芽香が強くなってくる。

味:スムーズでオイリーな口当たり。メープルシロップやカラメルを思わせる甘み、しっとりとしたピートフレーバー。徐々にウッディーで焦げた木材のようなニュアンスが広がり、舌の上に塩気とコク、鼻抜けにヨードを伴う磯っぽいアロマを伴いながら余韻へと繋がる。


ラガヴーリンのオールド、1990年代初期流通の免税向けリッターボトル。
割と有名なオールドボトルで、同蒸留所の愛好家の間では「ラガヴーリンオールドボトルの入門的位置づけ」なんて言われることもあるそうですね。
現行品と似たラベル構成ですが、ロゴなど細部にわたっていくつか違いがあります。中でも特筆すべきは現行品が"ポートエレン表記"であるところ、同時期のボトルは"ホワイトホース蒸留所表記"になっていることでしょうか。(写真右側のボトルが現行品です。)

ホワイトホース表記になっているのは2箇所。1つはラベルの一番上のロゴ下の説明文箇所。もう一つは下半分のラベルの一番下です。
このポートエレン表記の有無で流通時期におおよそのアタリが付くとされていて、2箇所がホワイトホースとなっている時代は1990年代初頭、16年のリリース初期のものとなるのだそうです。
ホワイトホース表記からポートエレン表記に変わった理由はわかりませんが、同時期にグレンエルギンなどもホワイトホース表記を無くしてますし、メーカー側のブランド戦略ってヤツでしょうか。
元々ラガヴーリンの所在地(住所)はポートエレンである事。また同蒸留所はポートエレンの製麦工場から買い付けた麦芽を使用していることや、ラガヴーリンで蒸留した原酒の一部を元ポートエレン蒸留所の熟成庫で熟成させているという話もあり、このあたりも背景にあるのかなと推察するところです。 

香味についてはこなれた樽感がメープルシロップやカラメルのような甘みに繋がり、酒質の厚みという点ではオールドの良さを感じる。一方香味共に穏やかというか、もっと分厚いピーティーさや旨みの濃縮感を想定していたので、少し拍子抜けした部分も有りました。
自分はピーティーなオールドブレンドが好みなので1980年代流通あたりのローガンをよく飲みますが、キーモルトだけあって共通するニュアンスは多いものの、ローガンの方がピートが強いんじゃないか?とも。

オールドボトルゆえの個体差もあるため、ボトル1本では決められませんが、そういえば前に三浦の古い酒屋で買って飲んだちょい古のラガヴーリンも、オイリーでこんな感じでした。
現行品との飲み比べをしてみると、現行品のほうがやや酒質は軽くなるものの、樽由来のフレーバーにピートフレーバーはしっかり強く一長一短という感じ。どちらが良いとは判断しづらかったです。
次は比較レビューも掲載したいと思います。