カテゴリ:
IMG_0759
YAMAZAKURA
Pure Malt Whisky
Aged 9 Years
Cask Strength
700ml 56%

グラス:創吉テイスティング
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★★(6)

香り:焦げたような木のアロマとメンソールを思わせる爽やかな香り立ち、ほのかに酸味も感じる。徐々に麦芽香が開いてきて、バタークッキーやクラッカーを思わせる香ばしい甘みに変化していく。
加水すると最初はツンとしたオーキーな樽香から、麦芽香主体の香り立ちへ。

味:少し粉っぽさと粘性のある甘みを感じる口当たり。オーキーな華やかさとおしろいのような麦芽風味、蜂蜜レモン、カステラの黄色い部分。
余韻はリフィル系のオーキーなウッディネス、鼻抜けに少しえぐみ、ピリピリとした刺激と渋みが口の中の甘みを引き締めていく。加水すると全体のバランスが良くなり、特に甘さが引き立つ。


先月末頃にリリースされた、笹の川酒造のウイスキーブランド、山桜の9年モノ。ピュアモルトでカスクストレングス仕様です。
外箱が大吟醸の日本酒か、あるいは京料理でも入ってそうな重箱的な構成で、シンプルながら日本的な豪華さがあり、相変わらず海外のウイスキー好き(Nonjattaあたり)が興奮しそうなデザインです(笑)。

9年と言うと若いウイスキーの印象がありますが、構成は9年をベースに15年以上熟成させたモルト原酒をブレンドしたとのこと。飲んでみると9年なりの勢いと荒さのあるニュアンスはあれど、それ以上の熟成感もあり、決して若いだけのウイスキーと言う感じではありません。
原酒は笹の川酒造で貯蔵されていた輸入原酒が主体という構成か。香味の印象はハイランド系の麦芽風味、蜂蜜を思わせる甘さ。樽はバーボンオーク由来の樽香が主体的に感じられる中に、じっくり飲んでいくとリフィルシェリー系の香味も少なからずあるように思います。

IMG_0779

飲み方としては、ストレートを加水しながら変化を楽しんでいくのがオススメ。
加水するといきなり香味が開くのではなく、特に香りは一呼吸置いたような変化の仕方をしますので、少し時間を置きながらゆっくり飲むのが良さそうです。
現にこうして加水したものを記事を書きながら飲んでいると、どんどんバランスが良くなっていくのを感じます。
この辺は前述の香味とあわせ、いかにもバッテッドモルトウイスキーと言う感じ。甘みと麦由来の風味がしっかりあるので、ロックにしても氷に負けずに楽しむことが出来ます。
ハイボールも悪くは無いですが、やや単調気味になってしまうので気持ち薄めに作るほうが最後まで楽しめるという印象でした。

山桜ピュアモルトシリーズでは、これまで加水の15年、カスクストレングスの15年と シェリーウッドフィニッシュの3種類がリリースされてきましたが、今回の9年が一番香味に統一感がありバランスが良いと感じます。
この山桜9年は"地元デパート(うすい)向け"と"笹の川酒造直販"の2種類がリリースされており、地元デパート向けのボトルは新樽でフィニッシュが加えられ、より強い樽感があるのだとか。
今回テイスティングしたものは笹の川酒造直販ですが、機会があれば地元デパート向けのリリースも飲んでみたいですね。