カテゴリ:
WHITE HORSE
EXTRA FINE
Blended Scotch Whisky
1980’s
43% 750ml

グラス:グレンケアン
量:ハーフショット
場所:BAR飲み (Eclipse 1st)
時期:開封後半年程度
評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでモルティーな香り立ち。心地よい苦味、ホットケーキシロップ、徐々にスモーキーでグレーンの甘みとえぐみも感じられる。

味:香り同様モルティーな口当たり。乾いた麦芽の軽やかな香ばしさ、リンゴのコンポート、淡いピートスモークが中間から後半にかけて開いていく。徐々にグレーンを思わせる単調な甘さも感じる。
余韻はほろ苦くビター。燻した麦芽、若干の土っぽさがしっかりと残る。


ホワイトホースが、1980年代後半に発売した日本市場向けブレンド3種のうちの一つ。 残りの2本はデラックスとマイルド。それぞれラガヴーリン、グレンエルギン、クライゲラヒからブレンドの主軸となる原酒を使い分けていて、エクストラファインはグレンエルギンがメインのブレンドだと言われています。

今回はスマホ撮影なので発色が悪く分かりづらいですが、実物のボトルは深い藍色を地として大きく書かれた白馬のラベルが美しい、高級感のあるウイスキーです。
その見た目に加え、モルティーで柔らかいスモーキーさのある味わいから、オールドブレンデッド好きの中でも人気のある銘柄。流通量の多さからそれほど価格が高騰していないのも魅力と言えます。

このホワイトホース エクストラファインは1980年代後半の発売。特級時代の終焉から1990年代の本品終売までの間、頻繁にラベルチェンジが行われているのが特徴です。
最も古い発売当初のボトルは、ラベル下のウイスキー特級表記の隣に通関コード(アルファベット1文字に数字4ケタ)が表記されており、その後通関コードが省略され、1988年前後にはウイスキー特級表記のみとなります。これが今回のボトルです。
1989年には級別での酒税が廃止されたことを受け、ウイスキー特級表記がウイスキー表記となり、大きく書かれていた白馬が徐々に小さくなって、終売直前は何分の一だよという、まるきり別物のデザインになってしまうのです。

味の変化については全流通時期のものを飲み比べたわけではないので説明できませんが、特級表記と終売直前のモデルでは、他のブレンドと同じ傾向にあるというところでお察しください。
特級時代のものはオールドブレンドらしいしっとりとして、しかし存在感のあるピートフレーバー、麦芽や林檎を思わせるモルティーな香味が当時の原酒の良さを感じさせてくれます。エルギンがメインと言われるのもわかる味わいですね。

なお、ボトルの形状からか横置きも多かったようで、コルクキャップの影響を受けたボトルも多くみられる中、このボトルは状態バッチリ。非常に美味しく頂くことが出来ました。