カテゴリ:

The MACALLAN
Fine Oak
Triple Cask Matured
12 Years Old
40% 700ml

グラス:テイスティンググラス(名称不明)
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y’s Land IAN)
時期:不明
評価:★★★★★(5)

香り:乾いた木香と溶剤系のツンとした刺激を伴うオーク香。乾燥した麦芽、バニラの甘いアロマ、若干の青臭さもある。

味:口当たりは程よいボディ感にスパイシーな麦芽風味、エッジのたったバニラ系のオークフレーバーバニラ。中間から後半にかけて薄めた蜂蜜、木のえぐみ。
余韻はドライで単調。オーキーな華やかさが残る。


現地ショップで販売されていたというマッカラン12年ファインオーク。
注目は、外箱に輝く「LIMITED EDITION」の文字。
まじかよそんなのリリースされてたのかと、テイスティングしてみましたが、中身のボトルはどう見ても普通のマッカランファインオークで、味も普通のそれと変わらない気がする。。。というか、リミテッドエディションの文字の上に、マスターオブフォトグラフィーとか名前とか書いてあるし、所謂箱だけ限定なリリースではないか。。。
というわけで、このボトルは普通のマッカランファインオークとして紹介します。

「マッカランはシェリー100%」というPRを裏切るかのように、現在のボトルに変わってからリリースされ始めたファインオーク。シェリー樽だけでなく、バーボン樽にリフィルシェリー樽も使用し、ドライで華やかな味わいに仕上げています。
このリリースについて賛否はあると思いますが、ぶっちゃけ樽の質が下がってるのに値上げが止まらない12年シェリーカスクを買うなら、こっちの方が安心して飲めるんじゃないかというイメージもあります。 
(それ以外の銘柄を選ぶ方が良い、という意見も勿論賛同します。)

今回のリミテッドエディション疑惑は、久々にファインオークを飲む良いキッカケになりました。
マッカランは何気に酒質が強いので、加水してもオークフレーバーを受け止めてバランス良く仕上がる傾向にあります。っていうか加水しないと飲めたもんじゃない。
12年クラスでは驚くような旨さはないですが、「案外良くできてる」と感じさせてくれる安心感があります。
たまにこうしてスタンダードをテイスティングするのも良いものですね。